Doctors Me(ドクターズミー)- 【正しい知識を医師が伝授!】健康的な冬場の室内環境とは

写真拡大

冬は、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症にかかりやすい季節です。そのために、特に気を付けたいことのひとつに、室内の環境があります。
今回は、冬場の室内の環境について、医師に話を聞いてきました。

冬の理想的な室内環境は?

1.室温
だいたい18〜23度くらいが適切であるとされています。寒くてもよくありませんが、室温が高すぎても屋内と屋外の温度差で自律神経がバランスを乱すことがあります。
体調不良を起こしたり、外に出たときに寒さで血圧が上がって血管に負担をかけたりする可能性が考えられます。
また、布団をかけて寝ることになる就寝時は、16〜19度くらいに設定するのがいいでしょう。

2.湿度
湿度は、だいたい40〜60%くらいが適切と考えられます。空気が乾燥していることも、冬にインフルエンザウイルスなどが猛威を振るいやすい原因の一つと考えられます。室内では乾燥に気を配りましょう。

3.温度差
特に高齢の方や、心臓のご病気をお持ちの方が家族にいる場合、部屋と部屋との間の温度差にも気を付けなくてはなりません。特に浴室と脱衣所などは温度差があると、入浴後に急激な血圧の変動を起こす「ヒートショック」の原因となることがあります。各部屋で、できるだけ温度差がないように心がけましょう。

室内環境を理想的に保つ、おすすめアイテムを教えてください

1.湿温度計
適切な温度、湿度のため、温湿度計を準備し、数値を見ながら管理するといいでしょう。温度に関してはエアコンの温度設定などでもわかりやすいでしょう。特に脱衣所やトイレ、玄関といった場所は特に自宅のほかの部分よりも温度が下がりやすい場所なので、重点的にみていくとよいでしょう。

2.濡れタオル
湿度に関しては、加湿器がなければ、寝る前に部屋に濡れタオルをかけておくだけでも乾燥対策になります。

室内環境を保つうえで、注意すべきことは?

特に子供やお年寄りなどがいたり、感染症にかかりやすいタイプの方がご家族にいらっしゃる場合は、温度湿度設定に特に気を配り、空気の入れ替えもこまめにしましょう。

医師からのアドバイス

風邪や感染症防止だけでなく、冬を快適に過ごすためにも快適な室温の環境を整えましょう。
完璧にできなくても、ある程度心がけるだけでもかなり違いますよ。

(監修:Doctors Me 医師)