16日、環球網は記事「中国人の“爆買い”だけじゃ頼りにならない?日本がカジノ解禁、外国人の“爆賭”誘致へ」を掲載した。中国人観光客の「爆買い」が日本経済を下支えしてきたが、次なる成長スポットとしてカジノに白羽の矢が立てられた。

写真拡大

2016年12月16日、環球網は記事「中国人の“爆買い”だけじゃ頼りにならない?日本がカジノ解禁、外国人の“爆賭”誘致へ」を掲載した。

日本国会でカジノ解禁法案が成立した。カジノ付き統合型リゾート(IR)を開設し、各国の投資と観光客を誘致していく狙いだ。カジノ合法化を強く推進したのは安倍晋三首相だ。14年にはシンガポールのIRを視察し、日本経済成長の力になると期待を語っている。

一方で世論は反対に触れている。NHKの調査では44%が反対、賛成は12%にとどまった。世論の反発にもかかわらず強引にカジノ解禁法案を可決したのには理由がある。低迷する日本経済を救うためだ。中国人観光客の「爆買い」が日本経済を下支えしてきたが、かつてほどの勢いはなく、次なる成長スポットとしてカジノに白羽の矢が立てられた。(翻訳・編集/増田聡太郎)