ジェフリー・ディーン・モーガン

写真拡大

大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』の悪役ニーガンとして強烈なインパクトを与えているジェフリー・ディーン・モーガン。そのハマリっぷりで悪役のイメージがすっかり定着した印象だが、ジョン・ウィンチェスター役の彼とともに仕事をしていた『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』のスタッフは気にしていないようだ。米TV Lineが報じた。

『SUPERNATURAL』で主人公であるディーンとサムの父親を好演していたジェフリーが同作に復帰する可能性については、たびたびスタッフが口にしてきたが、彼がニーガンを演じるようになった今、あらためてそのことに言及した。口を開いたのは、『SUPERNATURAL』で製作総指揮・脚本を担当するアンドリュー・ダブ。

「彼がジョンとして戻ってくる頃には、きっと『SUPERNATURAL』はシーズン20を迎えているのに対し、『ウォーキング・デッド』はもう終了しているだろうから気にならないよ」とまずジョークを飛ばしたダブは、「ジェフリーは素晴らしい俳優だ。見事に悪役を演じている。でも、いい脚本があれば僕らがよく知っていて共感した愛すべきキャラクターに再び戻ってくれるだろう。彼の俳優としての資質には全幅の信頼を置いているから、ジョンとして再び目にするのが楽しみだよ」と続けている。

ジェフリーが現在出演している『ウォーキング・デッド』はシリーズ7が放送中。一方の『SUPERNATURAL』はシーズン12に突入している。(海外ドラマNAVI)