意図せずとも、スルリと口からでてしまう――それが口グセというもの。
さて今回、このコラムでは“嫌われる口グセ”に特記してご紹介していくことにします。むやみに“嫌われ女”のレッテルを貼られてしまわないよう、以下の口グセがある方は意識的になおしていったほうがいいかも(!?)しれません。

「ほら、私って◯◯な人じゃないですかぁ!」→「◯◯なので」

たとえば「ほら私って、虫が大っ嫌いな人じゃないですかぁ!」とかね……。普段仕事ではしっかりとした言葉遣いを心がけている人も、プライベートになると途端に気が抜けてしまうのか「え、知らないけど!?」とおもわずツッコみたくなるような口調に変わってしまう人も少なくありません。
このような話し方をすると、時と場合によっては「自己主張が激しいタイプなのかも」と敬遠されてしまうことも。せめて「私、虫ってあんまり得意じゃないんです」くらいに留めておくようにしましょう。
“◯◯な人”という口グセは“◯◯なので”に変えるだけで、だいぶ穏やかな感じになります。

「◯◯でもいいよ〜!」→「それがいいね! ありがとう」

決して“◯◯がいい”のではなく、あくまでも“◯◯でいい”という妥協してやってる感が気に食わないそうです。
ついつい「うん、それでいいよ〜!」なんていう返事をしてしまってはいませんか? 確かに言われてみれば、適当さがにじみでているような気もしてきました。これも「うん、それがいいね! ありがとう」と、言いまわしを少し変えるだけで全然違う印象を与える言葉になりますよ。

「どうせ◯◯だから〜……」→「やった〜、褒めてもらった!」

うしろ向きな発言をするなと言っているわけではありませんが、それがあまりにも多いとなれば話は別。なにを言っても「どうせ私なんかなにやってもダメだし……」なんて返ってきたら、もう励ます気も失せるというもの。
彼に励ましてもらえたなら「やったね〜! 褒めてもらっちゃった!」など、ちゃんとフォローを付け加えるようにすることをお忘れなく!

「いえいえそんな、恐縮です」→「……嬉しいです!」

お仕事ですかとツッコみたくなるようなお堅い返事には、男性も戸惑いを隠しきれない模様。せっかく褒めてもらったなら、なんでもすぐに否定はせずに(そのお褒めの言葉を)ありがたくちょうだいしちゃいましょう!
「いえいえ、そんなことありませんよ」ではなく「いえいえ、そんなこと……どうしよう嬉しいです!」と文末変換が基本です。これなら途中まで言いかけてしまったとしても、余裕でかわせちゃいますね!

ネガティブな印象を与える“嫌われ口癖”も、言葉を少し変えたり付け加えたりするだけで嫌われにくい口グセに変えることが可能なのです。ぜひ、試してみてくださいね!