Mighty Mouth サンチュ「正直死のうかと思うほど辛かった…SE7ENが出演した番組を見て胸がいっぱいになった」

写真拡大 (全2枚)

軍服務中に物議を醸したヒップホップデュオMighty Mouthのサンチュが辛かった時期を振り返った。

最近公開されたマガジンbntのグラビアでMighty MouthのサンチュとSHORRY Jは3つのコンセプトの衣装を着こなした。愉快でありながらも自由奔放な衣装、華やかなスーツ、ホワイト&ブラックスタイルを披露した。

サンチュは「あのことがあってから、正直世の中が終わったような気がした。死のうかと思うほど辛かった。除隊後もいつもマスクをしていたし、飲食店にも行けなかった。でももう4年前のことだ。少しずつ変わる自分を見て驚いたし、不思議な感じがした。時間が薬だった」と話した。

また、一緒に服務した歌手SE7ENがKBS 2TV「ハッピートゥゲザー3」に出演したことに言及しながら「彼が出演した番組を見て、胸がいっぱいになった。お互いがどんなに辛かったかを知っているから、そして同じように感じていたから、頼れる人は当時、お互いしかいなかった」と伝えた。

サンチュは「防犯カメラの映像と検証を通じて事実ではないことが明かされた瞬間、すごく幸せでSE7ENと抱き合った。確かに軍人という身分で外に出回ったことは間違ったことだし、申し訳ないと思っている。でも、していないことはしていないと言いたいし、みんなに分かってもらいたい。でもいくら話しても、報道されても、人々が信じないから僕にできることではないと思った」と付け加えた。