16日、台湾の女性歌手アーメイが、デビュー20周年を飾る「烏托邦2.0慶典」ツアーを上海でスタートした。

写真拡大

2016年12月16日、台湾の女性歌手アーメイ(張恵妹)が、デビュー20周年を飾る「烏托邦2.0慶典」ツアーを上海でスタートした。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

台湾の歌姫アーメイの最新ワールドツアーでは、上海はじめ中国の主要都市のほかに、マレーシア、英国、スペイン、イタリアでもコンサートを行う。初日を迎えた16日、上海メルセデス・ベンツアリーナでステージを開催。デビューアルバム「姐妹」までの20年間をさかのぼる約40分間の思い出メドレーを披露し、会場には大きな感動の波が広がった。

以前はスリムだったアーメイだが、12年ごろからは体型の急激な変化がたびたび話題に。「太りすぎ」「自己管理不足」と批判の声もあれば、「無理するのをやめただけ」とファンからは支持の声が上がり、アーメイが姿を見せるたびその体型が注目されてきた。今回の最新ツアーに姿を見せたアーメイは、以前に比べて少し痩せたような印象に。客席には「ガリガリだ!」と書かれた横断幕まで登場し、ステージ上のアーメイを爆笑させている。(翻訳・編集/Mathilda)