「私ってほんと男運ない」「ダメンズばかり……」それって本当でしょうか? じつは、ダメンズを引き寄せているのはその考え方かもしれません。理想の男性を引き寄せるには少しだけコツがあります。今日はそんな5つのコツを詳しくご紹介します。

1: 「〜しない人」より「〜する人」

突然ですが「青い象を想像しないでください」といわれたら……、あなたは「青い象」を想像しませんか? 聞いたことある方も多いかと思いますが、人は「〜を想像しないで」と言われると想像してしまうのです。
恋愛の好きなタイプを考えるときも同じです。どんな人と付き合いたいか考えたとき、多くの人が過去に苦い思いをした恋愛を教訓に「浮気しない人」「暴力をふるわない人」「ギャンブルしない人」「嘘をつかない人」――などといったように「〜しない人」を軸に条件を並べるかと思います。でもそのとき頭のなかで、「〜」に当てはまる「浮気」「暴力」「ギャンブル」「嘘」のキーワードから連想して、残念な男性を思い浮かべたりしませんか?
そんな人は、発想を変えてみることをオススメします。たとえば

・ 「浮気しない人」→「一途な人」
・ 「暴力をふるわない人」→「心の広い人」
・ 「ギャンブルしない人」→「お金を上手に考えて使う人」
・ 「嘘をつかない人」→「素直で誠実な人」

などといったように。こういうふうに「〜する人」「〜できる人」と理想の男性をイメージすることをクセづけることで、ダメンズから遠ざかることができるかもしれません。

2: 具体的なイメージをする

さあ、ポジティブなイメージを浮かべることができたら、次はもっと具体的なイメージをします。
ただ「顔がいい人」「身長が高い人」「一途な人」と抽象的にイメージするだけでは、引き寄せ力はまだまだ。たとえば(あくまで一例ですが)、

・ 「顔がいい人」→「目が大きくて、二重で、優しい笑顔をしてる人」
・ 「身長が高い人」→「●cm以上あって、スラッとしてる人」
・ 「一途な人」→「自分だけをきちんと愛してくれて、尊敬し合える人」

といったように、できるだけ具体的な情報をイメージに盛り込んでいきます。
もうすでに自分の理想の人と出会っていて、「その人ってね、こんな人なの!」と友だちに話すような感覚だとイメージしやすいかもしれません。

3: 「あなたにとって」BESTな人

理想の男性を引き寄せたい場合、自分の気持ちに正直になることが必要です。
日本人女性はほかの女性と自分を比べがちな日本人女性は、「◯◯ちゃんは、お金持ちと結婚してるし……」「男は顔だ! 年収だ! 女は若いうちに子ども産まなきゃダメ! とも言うし……」など。まわりを基準に考えこんでしまうことも多いのではないでしょうか。
もちろん誰かの意見を参考にするのは、大変いいことです。でも「こうでなきゃダメ!」という考えは、人それぞれでいいのではないでしょうか?
自分自身のなかにある「こうありたい!」「こういう人と出会いたい!」という心の声に、しっかり耳を傾けてください。

4: 自分磨きをする

具体的なイメージもして、自分の心の声に従って理想の男性像を描けたなら、次は自分磨きです。「類は友を呼ぶ」といいますよね。いくら外見が美しくても、人の悪口や噂話をして楽しんでいたら、友だちも恋人も似たような人が集まります。すごくいい男性をイメージできていたとしても、自分がそういう条件に見合う女性にならないと出会う確率は下がってしまいます。
「自分磨き」とは外見だけではなく、内面も磨くということです。内面が磨かれると、新たな交友関係が広がったり、ワクワクすることが増えてきます。そうするといつの間にか理想の男性に出会います。

5: 「男運がない」→「今までの恋愛は学び」

恋愛で傷つかない人はいないと思います。つらい恋愛を繰り返して「私は男運がない」と感じる女性は多いかと思います。しかしそう思い込んで、友だちや知り合いに「私って男運ないから〜」と話してしまうと本当にそうなってしまいます。
つらい恋愛は、すべてのちの「教訓」です。女性をさらに強く輝かせ、素敵になって、よい男性へと近づかせるものではないかと筆者は思います。まわりの人に話すなら「つらい恋愛もあったけど、学ぶこといっぱいあったし、これからはいい男をGETする!」と話す方が気持ちも前向きになれると思います。