プロボクサーにして、その美貌と話題性でメディアにもしばしば登場する高野人母美

写真拡大

プロボクサーにしてモデルという奇跡のような存在。その美貌と話題性でメディアにもしばしば登場する高野人母美(ともみ)。

だが、モデルと兼業だからといって侮ってはいけない。プロ11戦9勝のうちKOは実に6つのハードパンチャーで、東洋太平洋スーパーバンタム級王者。2015年11月には残念ながら敗れたものの世界王座にも挑戦するほどの実力者だ。

一方、話題作りにも長(た)け、セルフプロデュース力も抜群。計量時には金色の全身タイツやウェディングドレスで現れたりとサービス精神旺盛で、トーク力を活かしてタレント業もこなす。最近では女優にも進出するなど活動の幅を広げている。

一体、高野人母美とは何者なのか? 前回配信した「高野人母美が明かした“イロモノ”のジレンマ」に続き、インタビュー後編! ボクシングにかける思いはもちろん、意外すぎる恋愛感にまで迫った!

―ところで、モデルもこなす美貌でありながら、殴られている写真は「美人すぎるボクサーが顔面崩壊」とか…ヒドい写真が出るじゃないですか。

高野 ヤバイですよね(笑)。でも、ありがたいんですよ。

―ありがたいとは?

高野 普通に生活してたら、どう頑張ってもできない顔じゃないですか。殴られてるからああいう顔ができるわけで。だから、普段できない顔をよくぞ撮ってくれた! 一生の思い出に残るようなイイ写真を撮ってくれてホントにありがとう!って感じですよ。額縁で飾りたいぐらい。

―どこまで前向きなんですか! 

高野 だってモデルとして仕事している時は着飾っているから、いいコぶったり、カワイコぶったりするじゃないですか。そういうのがないから。

―なるほど、まぁそれも元が美しいからという気もしますが…。本気だからこそ晒(さら)せる名誉の写真ということですかね?



高野 そうそう。そういうのを恥ずかしいと思うんじゃなく、私はカッコイイと思ってしまいますね。奇跡の1枚です(笑)。

―顔に保険をかけようとしているというウワサがありましたが、それはホント?

高野 それ、却下されました(笑)。生命保険にも入ろうとしたんですけど、ボクサーはダメだって。だから、美容整形の先生を紹介していただいて。とにかく現役辞めたらすぐに手術してあげるからって。

一度、鼻が折れていて今も曲がったままなんですけど、今すぐ治しても、また殴られたら出てきちゃうのでイジれないんですよ。

―じゃあ現役生活が終わった時には…?

高野 全部整形する! その時が新しいスタートですね(笑)。



―ここで恋の話もお聞きしたいのですが、実はモテるんじゃないですか?

高野 ボクシングっていうだけで「怖い」「殴られそう」逆に「殴ってみて」の三重苦ですからね…。募集中です!

―募集中!? ボクシングの間は恋愛禁止かと…。

高野 そうなんですよね…。そういう指示もありましたし、自分でも集中するとそこに向かって突っ走ってしまうので、恋愛はしないんです。出会いもないですし。練習して、帰りにママチャリでイトーヨーカドーで食材を買って、帰って料理して食べたら寝ます。もう男性と過ごす時間が本当にないんですよ! 婚活サイトに1回登録したぐらい。

―マジですか!

高野 恋愛がダメでも結婚ならいいだろうと思って。

―その順番はおかしいです!

高野 で、1万5千円払って婚活サイトに登録したんですけど、ダメでしたね。

―それはなぜ?

高野 “ワケあり婚活サイト”だったんで、みんなワケがあるんですよ。

―それ、登録するところを間違っているのでは(笑)。ちなみにどんなタイプの男性が好き?

高野 受け入れてくれる人。私って奇想天外なことをやってしまうところがあるので、それでもドン引かない人がいい! 受け入れてくれたらもうすぐについていく(笑)。尽くすタイプだし、ずっとひとり暮らしで家事全般できるし、ヘルシーな料理も作るのでそこは大丈夫! でも、怒ったり嫉妬されたりしたら寿命が縮まっちゃいそうで、なんかやだ(笑)。

―束縛せず、自由にさせてくれる人ってこと?

高野 束縛されないような人間になりたいです。それは信用されてないってことだと思うし。それよりも「人母美だから大丈夫」って思われるような人間になりたいです。





―デートで行ってみたい場所はありますか?



高野 いきなり温泉っていうのはよくないと思うんですけど…。

―なぜいきなり温泉(笑)。

高野 めちゃめちゃ好きなので(笑)。あと、最初の段階で食事とか行って、ふたりで話すだけっていうのはちょっとキツいんですよ。ずっとお互いのことを喋ると、もうその人のことわかっちゃうじゃないですか。それだとつまんないなと思って。

だから映画を観た後に少し喋って「じゃあまたね」っていうのが理想。「この人、こういうところもあるんだ」とか「もっと好きになってきた」とか、お互いのことをちょっとずつ知りながらキュンキュンしたいです。

―めちゃめちゃピュアじゃないですか!

高野 …恥ずかしい(笑)。

―恋も大好きなゴハンも我慢して、なぜそこまでボクシングを続けるんですか? 以前、引退発言をして撤回したこともありましたが…。

高野 あの時はヘルニアをやってしまって、動けないし減量も無理だし…と思って言っちゃったんですよね。そういったいろんな要素が重なって、もう辞めようと思ったことはあります。

―では常に辞めたい気持ちも何%かはあるということ?

高野 もう99%辞めたいと思うこともありますよ(笑)。でも残りの1%が何かと言うと、たくさんの人が応援してくれたりとか。あと私の試合をきっかけに家から出られなかったうつ病のコが「コンビニまでは行けるようになりました」って手紙をくれたり。他にも、いじめられているコや熊本の地震で家が崩壊したコとか…。

―自身の戦いが誰かに勇気を与えていることに気づいたと。

高野 私が戦うことによって、人の人生も変えていくんだなと実感しました。だから、その残りの1%で私は頑張れる。そのことに改めて気づいたので、今はぶん殴られるのも全然平気!

―ボクシングをずっと続けてきて、人に勇気を与える立場になってきたということでしょうか。

高野 そういう風な人間にもっとなりたいと思ってます。自分が戦うことがきっかけで、誰かに勇気を与えられるんだったら、どんどん前に進んでいきたいです!

(取材・文/明知真理子、撮影/鈴木照寿)



■高野人母美(たかの ともみ)

1987年6月12日生まれ、177cm 50kg 女子プロボクサーとして協栄ボクシングジムに所属。戦績は11戦9勝2敗6KO。またモデル・タレントとして9頭身・股下90cmというスタイルを活かし雑誌やテレビで幅広く活動中。10月28日に3rd DVD『たまゆら』発売。

最新情報は公式ブログhttp://ameblo.jp/tomomi-cotton/、instagram【tomomitakano797】をチェック!!