カニエとは大学時代から付き合いがあるジョン・レジェンド (c)Imagecollect.

写真拡大

歌手のジョン・レジェンドが、カニエ・ウェストとドナルド・トランプ次期大統領の会談についてコメントした。

現地時間13日にニューヨークのトランプタワーでトランプ氏と、いじめや教育、暴力などについての問題を議論したというカニエ。「変化を求めているなら、次期大統領と直接コミュニケーションすることが大切だ」と訪問の理由を語っていた。

カニエと大学時代から付き合いのあるジョンは、フランスのテレビ番組「Clique」で次のように語った。「トランプ氏とそういった問題について話すことが不可能だと思わないが、自分だったら売名行為に使われたくない。カニエは売名行為だと思う。トランプ氏に投票しただろうと語るカニエにかなり失望したよ(カニエは投票はしていないが、投票するならトランプ氏だっただろうと語っていた)。トランプ氏はいろんなものを腐食させる。彼のメッセージはこの国を腐食させるし、彼が公約していたことが多くの人々を心配させている。そして、カニエがそのメッセージをサポートしたことに本当に失望した。何を考えているにせよ、彼には同意しない」。