「○○しすぎ」はNG!! 恋愛が“短命”で終わる女性の共通点5つ

写真拡大

【相談者:30代女性】
年齢的にも結婚に強い憧れを持っているのですが、彼氏ができてもまったく長続きしません。
容姿はそれほど劣っていないと周りから評価されるのですが、肝心の恋愛が思うようにいきません。

もしかして、恋愛下手な行動を取ってしまっているのでしょうか?

●A. 長続きのポイントは、過剰なく・不足なく、適度な付き合い方!

ご質問ありがとうございます。人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

見た目的には、周りからの評価が高くても、彼氏ができなかったり、恋愛が長続きしなかったりするタイプの女性っていますよね。
男から見れば、無理しなくてもすぐに彼氏ができそうなタイプに感じるのですが、実はそうでもないようです。

そんなタイプの女性から話を聞いていると、どうやら本人は、恋愛が長続きしない原因に思い当たる点がないのだとか。
彼氏から嫌われるようなことをしたつもりもないのに、気づけば恋愛が自然消滅してしまっていることが多いそうです。

恋愛が長続きしない女性の話から、やってしまいがちな行動が傾向としてあると感じました。
その傾向は、彼に対する行動が「過剰すぎる」「不足している」のどちらかが原因になっているケースが多いようです。

ここでは、5名の男性から、短命で終わった恋愛のエピソードを語ってもらいました。
女性として、ついついやってしまいがちなポイントをひも解いてみましょう。

●(1)嫉妬や束縛が激しすぎる

『浮気しているわけでもないのに、他の女性と接したくらいで、激しく責めてくる彼女と付き合ったことがあります。息苦しくなって別れましたね』(34歳男性/営業職)

彼のことを好きになればなるほど、独占欲も湧いてきます。
それに比例するように、嫉妬や束縛が増えることも理解できます。

しかし、彼が呆れてしまうほどの嫉妬・束縛 を続けていると、徐々に彼の愛情は冷めてしまいます。

「俺のことをこんなにも愛してくれているんだ!」と感じるレベルの嫉妬・束縛と、「コイツ、鬱陶しいなぁ……」と感じる嫉妬・束縛の量には、明らかな違いがあります。

付き合う彼氏の性格によってそれは異なります。
彼氏の気持ちを見つめながら、嫉妬心と向き合うようにしましょう。

●(2)愛情が重すぎる

『束縛はもちろんなのですが、どこにいても何をしていてもLINEが途絶えることなく入ってきて、好きかどうかを確認してくる。こっちの返事が遅れてしまうと、「好きじゃなくなったの?」って泣き出す始末。ちょっと重たすぎますよね……』(31歳男性/ショップ店員)

重い愛情を持っていることは悪いことではありません。
ただし、過剰な重さの愛情 を、一方的に押し付けるのはNG。
愛情はバランスが取れてこそ、お互いの気持ちが持続するのです。

自分の愛情の量が暴走し過ぎていないかを意識する点はもちろんですが、なぜ愛情の量に差が生じてしまうのか。
その原因を見つめてみるのも効果的と言えるでしょう。

●(3)結婚を焦りすぎる

『彼女の年齢的にも、結婚を焦るのはわかっていたのですが、付き合ってすぐの段階から結婚を迫られてもねぇ……。相性が合うかどうかさえわからない段階から、男は結婚なんて意識しないですよ』(30歳男性/不動産業)

結婚を意識する年齢は、女性と男性で差があります。
結婚へのビジョンが似た男女が付き合えば、こんなトラブルは起こりません。
ですが、そうではない場合は、女性が一方的に結婚に焦る姿 が目立ってしまいます。

早期結婚を目的に彼氏を探すなら、彼も同じように「そろそろ結婚を」と考えている男性を探すようにしましょう。
彼にその気がないのに、結婚ばかりを迫ることは、二人の溝を深めてしまう原因になりかねませんので。