赤ちゃんの入眠、あやしをどこでもサポート

写真拡大

アップリカ・チルドレンズプロダクツ(大阪市)は、「スマート スウィング」「スマート スウィング DX」を、2016年12月中旬から発売する。ハイローベッドともバウンサーとも異なる、ポータブルな電動スウィング。コンパクトに折りたため、ハンドル付きで持ち運びやすい。

9割以上が効果を実感

電池で動くコードレスタイプなので、家中どこでもママと赤ちゃんが一緒に過ごすことが可能だ。

ママの抱っこのようなやさしいスウィングで、赤ちゃんの入眠、あやしをサポートする。

モニター調査では9割以上が効果を実感。メロディ機能やバイブレーション機能なども備えており、携帯音楽プレイヤーを接続して、赤ちゃんのお気に入りの曲を流すこともできる。

上位モデルの「DX」は「ホールディングパッドα」付き。眠った赤ちゃんをやさしくベッドへ移せるという。

価格は「スマート スウィング」が2万7500円、「スマート スウィング DX」が3万2000円(税抜)。