17日、チャン・イーモウ監督の初英語作品「The Great Wall」(中国語タイトル:長城)の初日興行収入が1億7600万元(約30億円)となり、滑り出しから絶好調となっている。

写真拡大

2016年12月17日、チャン・イーモウ(張芸謀)監督の初英語作品「The Great Wall」(中国語タイトル:長城)の初日興行収入が1億7600万元(約30億円)となり、滑り出しから絶好調となっている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

マット・デイモンやウィレム・デフォー、アンディ・ラウ(劉徳華)やエディ・ポン(彭于晏)、ルハン(鹿[日含]/ルー・ハン)など国内外から人気スターが集結した話題作。中国では16日に公開初日を迎えたが、興行収入は1億7600万元(約30億円)に。初日だけで500万人以上を動員している。

映画情報サイト「猫眼」のデータによると、16日の映画興行収入(全国)に占めるシェアは69%に上った。17日夜に発表された最新データでは、すでに3億元(約51億円)を突破している。

映画の舞台は宋朝の中国。欧州から来た雇兵と禁衛軍が力を合わせ、長城を襲うモンスターに対抗する。豪華スターの競演に加え、老若男女を問わず楽しめるストーリーも、観客に足を運ばせる理由の一つ。見終わった観客からは、「芸術性も娯楽性も兼ね備えている」などといった意見も聞かれ、おおむね好評となっている。(翻訳・編集/Mathilda)