死んでも言えねーーっ! 「彼女に絶対にバレたくないジジくさい部分」6つ

写真拡大

はじめてババシャツを着たときや、タイツを重ねて履くようになったとき、自分のことを「ちょっとババくさいかも……」と感じた経験はありませんか? ババくさい部分はできれば男性には見られたくないですよね。でも実は、男性にも「女性にバレたくないジジくさい部分」があるようです。どんなところがジジくさいのか、社会人男性たちにこっそり教えてもらいました!

■動いたときの「よっこらしょ」

・「座るとき『よっこらしょっ』と言ってしまうこと」(32歳/その他/その他)

・「『よっこらしょ』と言って立ち上がるのは見られたくない」(39歳/その他/その他)

女性でも共感できそうなのが「よっこらしょ」と言ってしまう、ということ。座るときや立ち上がるときなど、つい声が出てしまうのは恥ずかしいですよね。女性には見られたくない、と思う男性は多いようです。

■モモヒキとジジシャツを愛用

・「パッチとジジシャツを愛用していること」(32歳/その他/事務系専門職)

・「外で脱ぐような予定がないときは、常に冬はモモヒキをはいている」(36歳/その他/クリエイティブ職)

今は「インナー」という便利な言葉がありますが、堂々と「モモヒキとジジシャツを愛用している」という男性も。女性のババシャツと同じように、男性もジジシャツやモモヒキを履いていることはバレたくないようです。

■白髪を染めている

・「耳毛、鼻毛、が白髪になってるところ」(36歳/団体・公益法人・官公庁/その他)


・「白髪頭。普段は染めているから気づかれていない」(39歳/不動産/営業職)

自分の老化に一番はじめに気付くのが、白髪が増えてきたときではないでしょうか。髪の毛以外のところが白髪になると、余計に年齢を感じますよね。染めてしまえば分からないので、女性の前では隠している男性が多いようです。

■加齢臭がする

・「足がいい加減加齢臭なのは、きちんと隠しているつもり」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「ときどき体臭に加齢臭が混じってきたこと。お風呂で念入りにケアをしている」(32歳/情報・IT/技術職)

自分の加齢臭に気付いたときは、とてもショックですよね。特に枕や足などから臭ってくると、ジジくささを実感する男性は多いよう。女性にバレないためにお風呂で念入りにケアをしているのは、なんだかいじらしいですね。

■顔のシワやシミ、たるみがある

・「顔のどこかに笑うとしわができる」(39歳/その他/技術職)

・「顔のシミ、シワ、たるみなどありすぎる」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

「顔のシワやシミ、たるみがジジくさい」という人もいました。まるで女性の意見のようで、ちょっとビックリしますよね。女性のように毎日スキンケアをする男性はまだまだ少ないので、余計にシワやシミが気になるのかも?

■つい出ちゃうひと言

・「くしゃみをしたあと、『ちくしょう』と言う」(28歳/自動車関連/技術職)

・「お風呂につかるときに必ず、『あ”ーーーー』と声が出てしまうこと」(34歳/機械・精密機器/技術職)

くしゃみをしたあとの「ちくしょう」や、湯船につかったときに出る声などがジジくさい、という人も。自分で意識していなくても、ついつい出てしまうのが困りものですよね。これも女性にはバレたくないことのようです。

■まとめ

女性にバレたくない自分のジジくさい部分について、男性たちのリアルな声が多数集まりました。女性でも共感できることが多かったですよね。中には「ありません。ジジくさいと思う部分に気づいていないだけかも」(30歳/商社・卸/営業職)という人もいましたが、これだけの男性たちの声を聞いたあとだと、それは自覚していないだけなのでは……と思ってしまいます。もし彼氏のジジくさい部分を発見しても、指摘しないでそっと心の中にしまっておいたほうがいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月24日〜12月1日
調査人数:354人(22歳〜39歳の男性)