アニメ「NARUTO-ナルト- 疾風伝」の主人公・うずまきナルトの息子・ボルトらが活躍するアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」が、2017年4月からテレビ東京系でスタート!/(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

写真拡大

岸本斉史原作の漫画「BORUTO -NARUTO NEXT GENERATIONS-」がアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」として、2017年4月からテレビ東京系での放送が決定。合わせてティザービジュアルが解禁された。

【写真を見る】ボルトを演じる声優・三瓶由布子は、「“オレのかっけー!ところ、期待してくれってばさ!!”」と、テレビアニメ化の喜びを表現!!/(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

本作は、テレビ東京系ほかで放送中のアニメ「NARUTO-ナルト- 疾風伝」(毎週木曜夜7:25-7:53ほか)の主人公・うずまきナルトが七代目火影として治める木ノ葉隠れの里で、ナルトの息子・うずまきボルトを中心に次世代の子供たちが“忍(しのび)”として戦うバトルアクション。

アニメ化については、12月17日からの2日間に千葉・国際展示場で開催中の「ジャンプフェスタ2017」の「NARUTO-ナルト-×BORUTO-ボルト-」スーパーステージで発表。登壇した原作者・岸本、主人公・ボルトを演じる三瓶由布子、ボルトとスリーマンセル(3人1組)を組むうちの1人・うちはサラダ役の菊池こころ、ボルトやサラダとスリーマンセルを組むことになる転入生の少年・ミツキを演じる木島隆一、ナルト役の竹内順子からメッセージが寄せられた。

岸本は、「これだけ長く続けられるのは、皆さまの応援のおかげだと思っています。『BORUTO』は『NARUTO』よりもさらに面白いものにしたいと思っています。漫画、アニメ、ゲームと色々な展開が待っていますので、これからも期待していてください!」とコメントした。

三瓶は「ボルト、サラダ、ミツキ、たくさんの仲間たちと一緒にワクワクハラハラしながら、収録に臨みたいと思います。『NARUTO』から引き続き、『BORUTO』も応援よろしくお願いします!“オレのかっけー!ところ、期待してくれってばさ!!”」と喜びを表現すると、菊池は「今回アニメ化決定を聞いた時、うれしさと同時にちょっとおじけづいてもしまいました。大切に紡がれてきた木ノ葉の歴史を大事に受け継ぎ、しっかりと丁寧に素直な気持ちで新たな歴史を紡いでいきたいです」と意気込んだ。

また、木島は「根性や友情や愛情、人は一人ではないという事を伝え続け、キャラクター同士だけでなく皆さんとの間に絆のようなものを育んできたナルトたち。その絆を感じ大切にしつつ新たな絆を『BORUTO』と皆さんの間に育めるようミツキを演じたいと思います。ミツキを通してどんな出会いが待っているのか今からとても楽しみです!」と喜びをかみ締めた。

そして、これまでナルトを演じてきた竹内は「ナルトたちの成長譚を15年にわたり、皆さんとともに見守り、応援し、参加してきましたが、とうとう彼らは大人の階段を登っていってしまいました。ナルト世代からバトンを受け継ぎ、今度はナルトの子供たち、ボルトたちのお話が繰り広げられます。時代が変わり、さまざまな問題も変容するであろう忍の世界。今度の主人公ボルトと、その仲間たちの悩み、葛藤、友情、成長をぜひ、応援してください!」と語った。

なお、テレビ東京では今回のテレビアニメ化を記念して、2017年1月1日(日)深夜1時30分よりNARUTO映画11本目にあたる「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」を放送。岸本がNARUTO映画初の製作総指揮を務め、2015年8月に公開されると興行収入約26億円を越えた大ヒット作が地上波初登場となる。