墓場まで持ってく! 彼女についた今までで「一番大きな嘘」6つ

写真拡大

明らかに「嘘だろうな」とわかっていても、彼氏がどうして嘘をついたのか考えてしまうと問いただせないですよね。男性はどんなときに恋人に嘘をつく? 恋人についたことのある「一番大きな嘘」について、社会人の男性たちに教えてもらいました。

■相手をしてほしくて嘘をついた

・「母親が死んでしまった。相手にしてほしかったから。今はばかだなと思います」(29歳/印刷・紙パルプ/販売職・サービス系)

・「相手から別れ話をされたとき、『実は、自分も他に好きな女性がいる』と言ったことがあります。まだ若かったので、一方的に振られるのが悔しかった……」(32歳/不動産/営業職)

恋人がつれなくて、自分の方を振り向いてほしいときについついてしまう嘘、ありますよね。ばかだなと思っても口が先に動いてしまいます。

■傷つけたくなくて嘘をついてしまった

・「好きなんだけども、結婚を考えられるような人ではないことを言えなかったことです」(28歳/情報・IT/営業職)

・「正直付き合うのが飽きていたが、傷つけないように言わない」(33歳/その他/その他)

彼氏の嘘に気付きやすいのは、こんな嘘をつかれたときかもしれませんね。「違うことを思っている癖に……」と思いつつ、聞くのが怖くて問いただせない嘘です。

■恋愛経験を盛ってしまった

・「自分が女性と付き合ったことがないこと。ええかっこうしいで、言えなかった」(32歳/情報・IT/技術職)

・「付き合ったことがあると嘘をついた。恋愛経験がないとダサいと思われてしまいそうだから」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

これも問いただしにくい嘘ですよね。男性には「女性をリードしなきゃ」という思いがあるため、この嘘を下手に問いただしたらプライドを傷つけてしまいそう。

■他の女性がいるのに嘘をついた

・「泊まりで帰れないときの理由。他の女性の家に泊まるとは言えない」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「他に付き合っている人がいるのに、いないと言ったとき。どちらも失うのは嫌だったから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

女性が一番ナーバスに感じ取るのが、男性のつくこんな嘘かもしれませんね。こんな理由の「嘘」の匂いを嗅ぎ取ったら、素早く動くのが肝心?

■一人の時間がほしくて嘘をついた

・「連絡がめんどくさいときに、仕事してないけど仕事で忙しいからと連絡をしなかったこと」(28歳/その他/事務系専門職)

・「暇なときに忙しいと返事した。一人の時間が欲しかった」(26歳/情報・IT/営業職)

これは女性も恋人に時々ついてしまう嘘かも? 気持ちが離れたのかと不安にさせそうで、「一人になりたい」とは恋人になかなか話せないもの。

■お金の話はついごまかしやすい

・「年収をかなり低く言った。金で動かれると嫌だったので」(26歳/その他/その他)

・「自分が事業資金でできた借金について話していなかった。借金を持っていたのを隠していた」(32歳/その他/販売職・サービス系)

お金があっても逆になくても、恋人にはそのままを打ち明けにくいのだそう。それだけ、お金は人の心を容易に変えてしまう……ということなのかもしれません。

嘘の匂いを嗅ぎ取っても、その裏に自分を傷つけそうな真実があると怖くて問いただしにくいですよね。男性は上記のようなときによく嘘をついてしまう傾向があるよう。彼氏が何か気になること言ってきたら、実は裏にはこんな理由が隠れているのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年9月にWebアンケート。有効回答数203件。25歳〜34歳の社会人男性)