初デート中に彼をドキッとさせるための4つのテクニック

写真拡大 (全5枚)

初デートはいろいろなことに気を配らねばなりませんよね。彼に嫌われないように、可愛くみられるように・・・と次のデートにつながるよう様々なテクニックが必要となります。

今日はそんな多くのテクニックの中でも彼をドキッとさせられるモテテクニックをご紹介します!さあ、デート中に実践さて彼をドキッとさせていきましょう!

1. 最初は適度な距離を保ち徐々に近づく

相手の近くに寄り添うのは、彼をドキッとさせる有効なテクニックではありますが、最初は適度な距離を保つことが大切です。人にはパーソナルスペースとよばれる、自分のテリトリーがあり、その空間に他人が入ってくると不快に感じてしまいます。

そのため、急にグッと距離をつめると「なんだ、この子は!」とドキッとするどころか不快に思われてしまう可能性もあるのです。彼に不快に思われないためにも、デート前半は適度な距離を保ちましょう。

そして、仲良くなってきたデート後半にはグッと距離を近づけてください。隣に座る、顔を近づけるなど、ここぞというときはグッと距離を近づけて彼をドキッとさせましょう。こんな絶妙な距離感に彼もドキッとするはずですよ。

2. さりげないボディタッチ増やす

さりげないボディタッチは彼をドキドキさせるのに効果的です。ただ、こちらもデート後半から増やすよう心がけましょう。初めの方からボディタッチをしていると「男慣れしている」「あざとい」と逆に悪いイメージを与えてしまうかもしれません。

彼の緊張がとけたころに肩にタッチ、腕にタッチするなどさりげなくボディタッチをしていきます。気を許した女性からのボディタッチは、彼をドキッとさせる最大のテクニックになります。

たとえば、彼を呼ぶときに「ねえねえ」と肩に触れてみたり、何かを見せるフリをして「〇〇くん、これ見て!」と手をつないでみたり。あきらかなボディタッチより、さりげないボディタッチの方が彼をドキッとさせられます。彼に触れている時間は一瞬程度でも充分な効果が期待できるのです。

3. 「楽しい!」を動作や言葉で伝える

「楽しい!」という気持ちを直接言葉で表現したり、態度で表すことはとっても重要!デートの最中はなるべく笑顔をたやさず、楽しいときには言葉で彼に表現していきましょう。

「こんな楽しいデート初めてだよ!」「最近で一番笑った!」「本当に楽しい!」など”一番”や”初めて”を強調するのもいいですね。その言葉に彼は「楽しんでもらえている」という喜びとドキドキ感を感じます。また、あなたの絶えない笑顔に思わずドキッとしてしまうでしょう。

4. 帰りたくないアピールをする

訪れたデートの終盤は、帰りたくないアピールで彼をドキッとさせましょう。「楽しいからまだ帰りたくない…」なんていわれたら、どんな男性だって嬉しくないはずありません!

ただ、ストレートに「帰りたくない」というよりは、さりげない一言のほうが効果的。「え、もうこんな時間?時間が過ぎるのが早いねー」「まだまだ一緒にいたいのに・・・」など遠回しに帰りたくないアピールをすると彼はドキッとしてしまうこと間違いなし!

「さみしい」とぽつりと呟いたり、表情やテンションの落ちた仕草を見せるのもとっても効果的。あなたが彼ともっと過ごしたいという気持が伝われば、自然と彼の心はドキドキしてしまうのです。

まとめ

デート中に彼をドキッとさせられたら、きっと次のデートにもつながるはず!また、彼に女性としてみられていなかった場合でも、2人の仲が急接近なんてこともありえます。あなたも今回紹介したモテテクニックをつかって、デート中に彼をドキドキさせちゃいましょう!