コンビニチョコの進化が凄い!生チョコ、ブロンドチョコ…新トレンド6つ

写真拡大

 おいしいチョコ選びに、必要なコト。

 涼しい季節が似合うお菓子といえば、「チョコレート」。今年は益々パワーアップ! 専門店に行かなくとも、スーパー・コンビニで上質なチョコを買えるようになっています。しかし、「生」、「オーガニック」、「焼チョコ」…いろいろありすぎて、パッケージだけでは中身の味がよくわからないことってありませんか?

 そこで今回は、話題のチョコを選ぶための知恵袋。意外と知らない基本知識やトレンド話を6つご紹介します!

◆\献船腑灰譟璽

⇒生クリームと水分が共に10%以上のチョコレート加工品。やわらかくコクのある味わいが魅力。冬にしっかり楽しむべし!

 冬になると、プレミアムなイメージで登場する「生チョコレート」。日本では公正取引委員会によって定義が決められており、「生クリーム」と「水分」が全重量の10%以上でなければ、「生チョコ」とは言えません。

 そうです「生」は「生クリーム」に由来。濃厚クリーミーでやわらかい食感は、気温の低い季節だからこそ気軽に堪能できる味わいです。

◆半熟チョコ

⇒生チョコとは関係なし! しっとりとした食感が特徴。「大人チョコ」をお探しの人にオススメ!

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=631775

※写真上:半熟ショコラ ホワイト(森永製菓、期間限定)下:半熟ショコラ(森永製菓)

 言葉だけ聞くと、「生の半分」、「レアに焼いている」という想像をしがちですが、それは間違い。しっとりみずみずしく、トロリととろけるような食感を持つチョコのこと。チョコレートケーキと板チョコのいいとこ取りとも言えそう。

 洋酒が使われていることも多く、上品な大人チョコとして楽しみたいところです。いつもと違ったテイストを探している人には、ぜひトライしていただきたい、とっても妖艶なチョコレートです。

◆ローチョコ

⇒焙煎せずに低温加工したカカオ豆から作ったチョコ。カカオの酵素を摂取したい美容派にオススメ!

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=631776

※写真:オーガニックローチョコレート(ラブチョック)成城石井で購入可能

 食品が持つ「酵素」を出来る限り生のまま摂取できる「ローフード」の概念を踏襲したのが「ローチョコ」。

 以前は限られたお店やワークショップでしか見かけなかったのが、最近では輸入チョコに強い成城石井でも豊富に取り扱うように!カカオ含有率が高く、スーパーフードやベリー類をトッピングされているなど、美容度高いチョコが多く揃っています。
◆ぅ屮蹈鵐疋船腑

⇒「第4のチョコ」と呼ばれるニューウェーブ系。塩キャラメル?ミルクジャム?美食チョコが気になる人にオススメ!

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=631777

※写真左:ブロンドチョコレートのスペシャルケーキ(ローソン)
下:ハーゲンダッツ ピスタチオベリー(ハーゲンダッツ)

 フランスのチョコレート会社「ヴァローナ社」が生み出した「第4のチョコレート」で、日本では今年のはじめ頃から話題に。上品なベージュ色のチョコレートで、塩キャラメルのような香ばしい風味、ミルクジャムのような甘ミルキーなテイストが特徴です。

 そしてこの冬、ローソンやハーゲンダッツでもブロンドチョコ使用の商品が登場!どちらも150点のおいしさです。

◆Bean to bar(ビーン トゥー バー)

⇒カカオ豆の仕入れから成形までを自社で一貫して行うこと。生産国の食べ比べを楽しみたい人にオススメ!

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=631778

※写真:明治 ザ・チョコレート(明治製菓)