ヘレン・ミレンをエスコートするウィル・スミス (C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

写真拡大

映画『素晴らしきかな、人生』のロンドンプレミアが、現地時間12月15日に、ロンドンのレスター・スクエアで行われ、主演のウィル・スミスを始め、ヘレン・ミレン、エドワード・ノートン、ナオミ・ハリス、ジェイコブ・ラティモアら豪華キャストと、デヴィッド・フランケル監督が登場した。

[動画]ウィル・スミス、ヘレン・ミレンらが登場!『素晴らしきかな、人生』ロンドンプレミア

本作は、『プラダを着た悪魔』(06年)で恋に仕事に奮闘しながら、人生で一番大切なことの見つけ方を描き、世界中の女性を夢中にさせたフランケル監督の最新作。ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたスミス扮する主人公のハワードは、愛する6歳の娘を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気を失っていた。そんなある日、3人の奇妙な舞台俳優が突然現れる。不可思議な言動を投げかける年代も性別も異なる3人との出会いに、ハワードにも徐々に変化が訪れる。

この日は会場に4000人を越えるファンが集まった。そうした中、注目を集めたのは、スミスが真紅のドレスに身を包んだミレンをエスコートする場面。溢れる大人の女性の魅力を備える英国出身のミレンと、クールなダークスーツで決めたスミスの2ショットが場内を魅了した。

マイクを向けられたスミスは「素晴らしい気分だよ。みなさん、元気ですか?」と挨拶。続いてフランケル監督が「この映画を見て下さった多くの方々が、大切な人との結びつきを求めて家族のもとに帰って行った。まさにそれが映画のテーマなんです」と、人と人との結びつきを描いたことを強調した。

ノートンは「映画には愛がぎゅっとつまっている。登場人物は互いに深い友情と愛情で結ばれているのさ。そしてそれが伝わってくる作品に仕上がっている」と話し、ミレンは「私は今までこんなストーリーを読んだことがなかったわ。人生において、とりわけ重要で、想像力を掻きたてるものが、この映画にはあるのよ」と本作の脚本の魅力についてコメント。ハリスは「主人公が人生の中の“美しさ”を見つけ出すお手伝い。映画はそんなことが描かれている」と微笑んだ。

最後にスミスが「『素晴らしきかな、人生』という映画は、どんな状況であったとしても、心を打つものがあるってことだ。特別な何かがすぐそこで起きている。この映画にはそんな人生のミラクルも描かれているんだ」と多くの人がこの映画で励まされることを祈ったコメントで締めくくっていた。

『素晴らしきかな、人生』は2017年2月25日より全国公開となる。