彼氏と付き合いたてという場合、キスはするけどエッチは恥ずかしくてできない! という女子も中にはいるのでは? エッチをさせてもらえなかった男子は、その時いったい何を思っているのでしょう。さっそく本音に迫ります!



1.年上男子に食われちゃうのかなぁ……


「同い年の彼女は、恥ずかしがってキスしかしてくれません。良くて、まれに胸を洋服の上から触らせてくれる……つまりAとBしかさせてくれません。すごくかわいい彼女なので、こういう恥ずかしがり屋な彼女の気持ちを解きほぐすのがうまい年上の男性に、さらっとなびいていきそうで怖いです」(23歳・IT)

男子って「もっと歳を重ねて女子の扱いがうまくならないと、キス以上のことをさせてくれないのかな」という危機感をもっているものです。だから、若い男子の恋のライバルは、歳が近い男子でありつつも、じつは年上の男性なのです。

男女関係は生理的に合うか合わないかの問題


年上の男性にうまくエスコートされたらハダカになってもいいけど、同い年くらいの男子とはちょっと無理……と思っている女子は、なにも同い年くらいの男子に故意に意地悪をしようと思ってそうしているわけでもないでしょう。男女の肉体関係は、生理的に合うかどうかがすべてなので、若い男子にとっては残念ですが、ちょっとキツイ思いをさせてしまうということです。

2.今夜もひとりエッチするしかないか……


「彼女にキスしかさせてもらえずそれぞれの帰路につくころ、ぼくは『今夜もひとりエッチするしかないのかよ……ったく』と思います」(24歳・通信)

女子がキス以上のことを彼氏としたくないと思っているのであれば、こちらの解決法はないでしょうね。もし、男子の気持ちを少しは理解してあげてもいいかなとお考えの女子は、できるだけはやく彼氏とエッチしてあげるのはいかがでしょうか。エッチしたら、彼氏はそれなりに落ち着きます。精神的に落ち着くのです。落ち着けば、彼女にもっとやさしく接するようになったりして、恋が展開していきます。

エッチは別に恥ずかしいことじゃない


彼氏とキス以上ができないという女子にヒアリングしてみたところ、「カラダを見られて嫌われるのがこわい」「ドン引きされたくない」「(初めてで)痛そうでこわいから」という意見がありました。でもなにも恥ずかしいことはないですし、男子は正直好きな女の子のカラダであればどんなものでも気にしないものです。自分に自信を持つことからはじめてみてはどうでしょうか?

3.彼女からエッチに持ち込んでもらいたい


「ぼくにはエッチに持ち込む勇気がありません。だから、キスしかしてこない彼女と、ぼくはおとなしくキスだけしておしまいにしています。はやく彼女からエッチに持ち込んでくれないかなと、そればかり思っています」(25歳・飲食)

「エッチしたら嫌われるかも」という男子の恐れと、「エッチしてもいいけど、彼から誘ってくれないかな」という女子の淡い期待のすれ違い……。時には自分から積極的になる勇気も必要そうです。

女子の方から勇気を出して誘ってみて!


男子って、エッチなことを彼女に仕掛けたら、彼女に嫌われてしまうかもしれないと思っていたりします。だから、「ホントはキス以上のことをしてもOKだけど、恥ずかしいから彼がエッチに持ち込むのを待っているだけ」という女子は、女子のほうからエッチに持ち込まないと、ふたりの関係はギクシャクしたまま終わってしまうのです。



4.おれは魅力のない男なのかな


「キスしているときに彼女の胸を触ったりしますが、彼女は胸を触るぼくの手をどかします。おれは魅力のない男なのかな、死んでしまいたい……キスをしながらいつもこんなことを思っています」(25歳・建築)

単純にキス以上のことをする勇気がないとか、女子として恥じらいがあるからという理由だけで、彼氏にキス以上のことをさせない女子は要注意です。キスしかさせてもらえないおかげで、男子は死んでしまいたいと思っているのです。

男子は女子よりはるかに性欲がある


彼氏とエッチしてもいいと思っている人は、はやくエッチしましょう。キス止まりでそれ以上のことを彼氏とはしたくないとお考えの女子は、その男子の「ウブさ加減」を見つつ、彼をもてあそばないと……。エッチできなかったという理由だけで、地球よりも大きな絶望を感じるのが男子なんです。

いかがでしょうか。
キス以上のことをしたくない相手であれば、キスだけしておけばいいでしょう。でも、ホントは彼氏とエッチしたいけど、恥ずかしくてキス以上のことができないという場合、キスしかしていないと彼氏はエッチができる女子のもとに逃げていきます。

でもまぁ、タイミングを逸しまくって彼氏とキスしかできなかった(で、別れた)……という経験って、多くの人にあります。だから、キスはするけど恥ずかしくてエッチはしない女子は、そのままでいいともいえます。そのうち、出会いがしらにエッチしちゃうような男子が出てきて……そこからあなたの恋愛物語の本編が始まるのです。

キスだけ……というのは、物語のほんの序章にすぎないのです。
(ひとみしょう)