【魔法の粉】「お肉やわらかの素」で、どんな肉も最強にウマくなる! やわらかさ実験レポ&開発者いちおしレシピ

写真拡大

2016年2月、味の素より発売された「お肉やわらかの素」という商品をご存知でしょうか?

【ステーキ】安価な「輸入肉」がおいしくなる!“まいたけ”を使ったコスパ抜群メニュー

宇梶剛士さんと加藤清史郎くんが出演していたテレビCMでは、「鶏むね肉がごちそうに!」というキャッチフレーズが印象的。「とにかく振りかけるだけで鶏むね肉が柔らかくなるらしい」と大きな期待で、鶏むね肉を柔らかくすることに日夜命を懸けている犒椶爐優ラスタ瓩魎心遒気擦泙靴拭

で、実際に試してみたところ、商品に記載されている使用方法通りに作ればちゃんと鶏むね肉は柔らかくなります!

ざっくり説明すると、肉100gに対して小さじ1杯が目安。計測が面倒な場合は、「ちょっと多すぎるかな?」くらいたっぷり目に、直接お肉に粉を振りかけてもOK。5分以上おいて焼けば、ほんのり塩コショウ味のついた美味しい鶏むね肉のソテーになります。コツとしては火加減を強火にせず、中弱火程度にすること。

しかし今回の本題はそんなことではないのです。まずはパッケージを見てください。

「鶏・豚・牛肉にふりかけるだけ!」

つまり鶏むね肉以外のどのお肉でも振りかける柔らかくなるとのこと。これが本当だったらすごい魔法の粉じゃないですか!ということで早速実験してみることにしました。

牛ステーキ肉、豚ソテー用ロース肉、豚レバーで実験!

今回用意したお肉は3つ。まずは牛肉。こちらは100g200円ほどのお手頃価格の肩ロースのステーキ肉(オーストラリア産)です。値段を考えても、このまま焼いただけではあまり柔らかさは期待できません。

そして豚肉。100g105円のこちらもお手頃価格のソテー用ロース(アメリカ産)。豚肉なので牛肉よりはもともと柔らかいはずですが、果たして違いはでるのでしょうか?

そして3つ目が豚レバー(国産)。レバーは普通に焼くとぱさぱさになるので、なかなか調理が難しい肉です。

この3種の肉をそれぞれカットし、それぞれ「お肉やわらかの素」をまぶしたほうと、普通の塩コショウをふったほうを2種類用意。

これを160度というやや弱火に設定したホットプレートで焼いてみました。

数分後ひっくり返すと、素アリのほうはほんのり焦げ目がついて美味しそう。そしていざ実食! 素アリとナシ、それぞれの違いと感想をレポートします。

激安牛ステーキが絶品お肉に変身! もう高い肉を買う必要ナシ?

◎牛肉

一番差が出たのはこちら。素アリのほうが圧倒的に柔らかくてジューシー。これさえあれば安いステーキ肉でも数段美味しく食べられるのでは? これは超オススメです。正直もう高いステーキ肉を買う気がしません!

〇レバー肉

レバー肉は強火で調理するとぱさぱさになりますが、今回は160度という弱火だった影響か、正直素ナシでもそれなりにみずみずしさをキープ。 焼いた直後は牛肉ほどの差は感じませんでした。しかし数分後冷ましてから食べると、粉ナシのほうがやや硬い印象に。

〇豚肉

豚肉じたいある程度柔らかいため、正直こちらも牛肉ほどの差は感じませんでした。ただレバー肉同様、やはり弱火で焼いた効果でみずみずしさがキープされたのかもしれません。数分後冷ましてから食べてみましたが、気持ち粉ナシのほうが硬いような気はしました。ちなみにレバー肉はカット後に牛乳でしばらく漬け込み臭みをとっています。

ただこれはどの肉にも言えることですが、強火にせず弱火でじっくり焼くと、ある程度素に頼らずとも水分がキープでき、ぱさぱさにはならないようです。とはいえステーキなどは、弱火にするとキレイな焦げ目がつきにくいのが難点。

しかし「お肉やわらかの素」でコーティングすれば、弱火でもしっかり焦げ目がつくという効果もあります! そういう意味でも、使う意味はあると思います。

開発から商品発売までかかった時間はなんと5年!

実験を終えた筆者が、次に向かったのは製造元の味の素本社。実際に商品を開発した担当者の方にお話しを伺い、より美味しくお肉が食べられる商品の使い方を調査することに。

「この商品の開発から販売までにかかったのは5年。これは私が入社して以来最長記録です。間違いなく当社の商品でも食品ではトップクラスに時間がかかった商品ですね」


こう語るのは今回対応してくれた、食品事業本部で商品開発にかかわった小川聡さん。

ちなみにこちらの商品でお肉が柔らかくなる大きな秘密は、水分保持のためのでんぷん質と、たんぱく質を分解する酵素のチカラ。もちろん柔らかくするための開発に時間がかかったのは言うまでもないそうですが、意外に苦戦したのが「振りかけて肉が軟らかくなる粉は、化学的な感じで印象がよくない」という消費者のイメージだったそう。


「ただその秘密が犢攸猫瓩箸い説明を打ち出したところ、消費者の反応が非常に良かったのです。酵素はパイナップルやキウイなどに入っている成分ですが、最近だとスムージーで酵素を摂取する人も増えています。5年の間に世間はちょっとした犢攸妊屐璽爿瓩砲覆辰討い燭鵑任垢諭時間をかけた甲斐がありました(笑)」

「お肉やわらかの素」はなんと魚にも効果があるらしい

今回は小川さんより「お肉やわらかの素」をもっとおいしく食べるためのコツを伺ってきたので、どーんど紹介しちゃいます!

5分以上おいたほうが効果絶大!

商品の最大のウリは「たった5分でお肉が柔らかくなる」ということであり、実際5分しっかり効果が発揮されます。しかし実はもう長い時間を置くと、もっとお肉は柔らかくなるそう。ただし置けば置くほど柔らかくなるわけではなく、数時間で効果はストップするそうです。

「時間がたてばたつほど柔らかくなり続けると、最終的にグズグズになります。ですからある程度で効果がストップするように開発しています」(小川さん)

塊肉のままよりもカットしたお肉にまぶしたほうが効果絶大!

裏パッケージの商品説明写真をみると、鶏むねの塊に粉をまぶしていますが、「この写真でお肉をカットしちゃうと、わかりにくいので(笑)」(小川さん)。とはいえ塊肉のまま粉をつけてもしっかりと効果が発揮されるのでご安心を。ステーキなど塊のまま焼いたほうが美味しい場合などはぜひ塊肉のままでどうぞ。

効果があるのは肉だけじゃなかった!

なんと「お肉やわらかの素」というネーミングながら、「実は魚にかけても効果があります」と小川さん。特にオススメなのはカジキマグロ。ほか意外なところではエビにまぶしてやいても縮まずにふっくら仕上がるそうです。

なんと鍋料理にも使える!

「お肉やわらかの素」を使った小川さんイチオシのレシピはなんと「鶏むね肉の鍋」。薄くそぎ切りにした鶏むね肉に素を振りかけ、しゃぶしゃぶのようにしていただくと絶品なんだとか! ただしあまりぐつぐつ煮込むと素が流れ出てしまうそうなので要注意です。

いかがでしたか? あまり書きすぎると宣伝っぽくなりますが、肉好きの読者にはぜひ試してほしいこの商品。ちなみに小川さんの悩みは「この商品はスーパーによって売り場がまちまちで、どこの置いてあるのか、わかりにくい」とのこと。

お肉と一緒においてあればわかりやすいですが、実際はから揚げ粉のそばにあったりすることも多く、探しにくいようです。お探しの際は店員さんに尋ねてぜひゲットしてくださいね。