スパイダーマン役作りで高校生活を極秘体験

写真拡大

トム・ホランド(20歳)は、「スパイダーマン ホームカミング」の役作りのため、実際の高校生に紛れ込んでみたそうだ。トムはブロンクス内にある高校でリサーチをした際、偽名と偽のアクセントを使用したという。

フェイスブック上で行われたライブでの質疑応答セッションで、トムは「誰も僕が誰だか、何をしているか知らなかったよ。偽名と偽のアクセントを使っていたんだ」「(正体を明かした時)誰もその話を信じてくれなかったんだ。このことでピーター・パーカーが自分の学校で『僕がスパイダーマンなんだよ』って言っても『何言ってんだ、お前。そんなわけないだろ』ってなるんだろうなと思わされたね」答えた。

そんなトムは以前、インスタグラムへの投稿でスパイダーマン役に選ばれたことを知ったと明かしていた。

「ベッドでインスタグラムをスクロールしてたんだ。オーディションから1か月後くらいだったかな。そしたらマーベルが『サイトを見て次のスパイダーマンが誰か確認して』って写真を投稿してきたんだ。それでコンピューターを付けてマーベルのサイトに行ったら『新しいスパイダーマンはトム・ホランド』って出てきたんだよ。僕は驚愕したね、完全に興奮状態になったよ」

そのスパイダーマン役でトムはマーベル作品への出演契約を交わしているが、同時に他の映画に出演する機会を与えてくれたというマーベルに感謝の意を示している。

「僕は『スパイダーマン』3本の契約をしたことをわかっているけど、もし他の映画に出演するとしても、マーベルはうまく調整してくれるんだ。彼らは僕らの人生をすごく尊重してくれるんだよ。他の映画の仕事をしなくちゃいけないことも分かってくれて、なんとかうまく合わせてくれようとするんだ」