えらそうにっ!! 「マンスプレイニング男子」を見わけるポイント10

写真拡大

あなたは、男性に上から目線でものを教えられたり、お説教されたりして、嫌な思いをしたことはありませんか? 実はこれ、世界のいたるところで起こっていること。「マンスプレイニング」と呼ばれる行為なんです。「男性は女性より知識が豊富」だと思い込み、女性に対していろいろ教えようとするおせっかいな「マンスプレイニング男子」は、一緒に居る女性を疲弊させる困った存在。こんな男子に近づかないようにするには、一体どうしたらいいのでしょう? 働く女性に、「マンスプレイニング男子」を見わけるポイントを教えてもらいました!

■「マンスプレイニング男子」を見わけるポイント

●第1位/「男尊女卑的な価値観が根強い」……27.6%
○第2位/「仕事を教えるのが好き」……14.2%
●第3位/「後輩に説教しがち」……11.0%
○第4位/「自分は教えるのが得意だと思っている」……8.7%
●第5位/「学歴で人を判断する」……7.1%
○第6位/「彼女は自分より仕事ができないor稼いでない人がいいと言う」……6.3%
●第7位/「意識高い系だ」……5.5%
○第8位/「いつも自信満々」……4.7%
●第9位/「人を年齢や見た目で判断する」……3.1%
○第9位/「自分はいい人だと思っている」……3.1%
※第11位以下は略。

■第1位/「男尊女卑的な価値観が根強い」

第1位は27.6%で「男尊女卑的な価値観が根強い」でした! 元々「女は男の後ろを三歩さがってついてくるもの」という考えがある男子は、無意識に女性に対して上から目線で接してしまうよう。本人は「ものを知らない女性に親切に教えてあげる」つもりだったりするので、余計に厄介……なんですよね。

■第2位/「仕事を教えるのが好き」

第2位は14.2%で「仕事を教えるのが好き」。職場で教師的立場に立ちたがる男性も、マンスプレイニングしがちだそう。仕事のことだけでなく、プライベートな話にも「俺が教えてやろう」というスタンスで関わってくるのでご注意を!

■第3位/「後輩に説教しがち」

第3位は11.0%で「後輩に説教しがち」がランクイン。目下の人に説教する男子は、説教グセが染みついているもの。女性と意見交換をしているときも、ついついその癖が出てきて……ゲンナリさせられることが少なくないみたい。

■まとめ

男性が「マンスプレイニング」に陥りやすいのは、女性差別的な価値観が今だ根強くあるからだと言われています。ただ、女性の中にもこういった上から目線の人は多いもの。人に対して何かを教えたいと思ったときは“対等な関係”を心がけて、自分よがりにならないように気をつけたいものですね。

(渡辺理絵)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月28日〜2016年11月4日
調査人数:127人(22〜34歳の女性)