「第49回日本有線大賞」の大賞は、西野カナに決定した。西野が大賞を受賞するのは初めて。TBS系で放送された番組視聴率は、9.1%(関東地区VR調査)を記録した。

 日本有線大賞は、有線放送キャンシステムをはじめ、一般社団法人全国有線音楽放送協会に加盟している有線放送局のリクエストセンターに寄せられた楽曲の電話リクエストデータを基に、各賞の選定が行われる。

 大賞は、有線音楽優秀賞の中から歌手別データ及び曲目別データを参考に、運営委員会が各賞を総合的に判断し、推薦した歌手の中から評議員会が決定する。(文化通信)