16日、中国が韓流エンタメを制限する「限韓令」について、次に恩恵を受けるのは、タイのイケメン俳優たちではないかと予想されている。写真はプッシュ。

写真拡大

2016年12月16日、中国が韓流エンタメを制限する「限韓令」について、次に恩恵を受けるのは、タイのイケメン俳優たちではないかと予想されている。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

韓国が米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備を決めたことで、その制裁措置としてスタートしたと言われるのが「限韓令」だ。近年、中国の巨大市場を狙って韓流スターの進出が目ざましく、最近ではバラエティー番組にまで韓流タレントが続々と出演していた。しかし「限韓令」のうわさが浮上してから、テレビ各局の自主的な動きもあり、韓流タレントの姿はめっきりと減っている。

韓流タレントが消えることで、最も恩恵を受けるのは香港・台湾人タレントだと予想されるが、韓流イケメンスターの穴埋めをするのは、タイの俳優たちではないかとみられている。

かつて日本で「ゴルフ&マイク」の兄弟ユニットで知られたのが、マイクことピーラット・ニティパイサーンクン。すでに中国進出し、「親愛的公主病」「青丘狐伝説」など数々のドラマに出演。1年間で中国語の基本会話をマスターし、中国で最も人気の高いタイ人スターとなっている。

マイクに続く注目の存在は、愛称プッシュことプッティチャイ・カセットシンだ。今年から中国に進出し、ドラマ「逆襲之星途閃耀」でそのイケメンぶりが注目された。さらに華人の血統を持つ、愛称ポーンことナワット・クンラットナラックも、来年は中国で飛躍すると予想されている。(翻訳・編集/Mathilda)