Doctors Me(ドクターズミー)- 冬場のウイルス性胃腸炎!家族内での二次感染はどう防ぐ?

写真拡大

お腹の病気でも様々な症状があると思いますが、胃や下腹部が痛い、下痢や嘔吐などの症状があるなどの症状が出た場合に、考えられるのが感染性胃腸炎です。感染性胃腸炎は細菌性の感染と、ウイルス性の感染に大きく分けられますが、 夏によく起こるのが食べ物による細菌性感染、そして冬場はウイルス性感染が多くなります。
そこで今回は、これからの季節に気になる、ウイルス性胃腸炎の二次感染の予防法について医師に解説していただきました。

ウイルス性胃腸炎の症状は?

冬場にとくによく聞くのがノロウイルスやロタウイルスではないでしょうか。症状としては急な下痢や嘔吐を発症し、さらに腹痛をもともないます。 このウイルスによる胃腸炎は感染力が非常に強く、知らない間に人にうつす恐れがあるため、大変注意が必要です。
ウイルス性胃腸炎は放っておくと症状が悪化したり、人へも感染させてしまうため、早期の治療と、感染予防が必要になってくるのです。

ウイルス性胃腸炎に感染する原因は?

ノロウイルス
生ガキだけでなく、生野菜や、ホタテ、さらに精製されてない飲料水などから感染性します。さらに、このウイルスは、手を介して感染するだけでなく排泄物やウイルスの付着した便器などからも感染します。

ロタウイルス
子供に発症するロタウイルスは、経口感染によって拡大します。このウイルスは重症化しやすいため、すぐに医療期間へかかる必要があります。

このほかにもアデノウイルスとよばれる感染性胃腸炎もあります。

医療機関で気を付けるべきことは?

もし吐き気や嘔吐、下痢が続いた場合にはすぐに医療期間を受診してください。 受診の際には必ず胃腸炎のような症状があることを伝え、待合室で隔離ができるようであればしてもらいます。
また、家庭などで同じものを食べた場合は家族も感染している可能性が高いため、感染源についても確定できればしてもらいましょう。
治療は本人に合せた対症療法になり、基本的には安静にして脱水にならないための水分補給をしっかりと行なうことで治癒していきますが、症状がひどい場合は点滴などが必要になります。

ウイルス性胃腸炎は二次感染に注意!

ウイルス性胃腸炎で怖いのが二次感染による感染症の拡大です。
このウイルスは人の手を介して感染するために、うがいやマスクだけでは不十分です。手に付着し、それが口に触れれば感染してしまいます。
さらには、感染症の子供が排泄したあとの便器に座ると感染することもあります。このウイルスは感染力が強いうえに、食器や衣服などからも感染するために、大変注意が必要なのです。
幼稚園や学校等で感染がわかった場合には、十分な消毒と、二次感染の予防を徹底的に行います。

きょうだいがいる家庭は要注意!家庭内感染は防げる?

気をつけていただきたいのか、家庭内での二次感染です。風邪と同じような方法では全く予防にはなりません。先述しましたが、咳やくしゃみなどによる経口感染だけでなく、手や衣類、食器等などからも感染します。
そのため、以下の点を徹底して行います。

・頻回に手洗いを行う
・マスク、うがいをするさら
・排泄物の処理は使い捨て手袋とエプロンを使用する
・使用した食器は熱湯に15分浸けるなど消毒する
・寝具や衣類などは漂白剤に浸けるなどして、十分に消毒してから洗濯する

目に見え無いため、どこまで行えばいいのか困る事かもしれませんが、やりすぎかなと思われるくらい、十分に感染予防を行いましょう。

医師からのアドバイス

普通の風邪とは違い、十分な対策が必要になるのが感染性胃腸炎です。家族間だけでなく、学校や職場など多くの人がいる場所でも拡大するため、大丈夫とご自身で判断される前に、早めの受診を行ってくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)