面倒なことになるかも…男子を「勘違いさせてしまう」女子のNG行動

写真拡大



好きでもない男性に変に好かれてしまうと、正直なところ、面倒になってしまうこともありますよね。

でも、女性の方が、男性を勘違いさせるような行動を取ってしまっていることもよくあるのです。

そこで今回は、男子を「勘違いさせてしまう」女子のNG行動を紹介します。

■1.会話中の「距離感」が近い

「話しているときに、すごく接近してくる女の子には、気があるのかなって思っちゃいます」(25歳/男性/マスコミ)

「距離感が近いということは、俺のことが嫌ではないというように捉えちゃいます」(26歳/男性/飲食)

体の距離感が近い。コレは男性を勘違いさせる一番の要素と言っても過言ではありません。「嫌いな男には近づいたりしないだろう」と男性は考えるものなので、近寄ってくれると勝手に好意を感じてしまうのです。好きでもない男性にむやみに近づきすぎてしまうと、変に刺激してしまうだけかも。

■2.「絡んでくる」ことが多い

「よく絡んでくる女性は、俺と話したいのかなって勝手にこっちは思っちゃいます」(27歳/男性/営業)

「気がつくといつもちょっかいを出してくる子は、こっちも気になるようになりますね」(31歳/男性/広報)

話しかけてくることが多かったり、ちょっかいを出してくるような女性には、「俺のことが好きなのかな?」なんて男性は思いやすいです。女性としては仲の良い友達という認識だったとしても、男性はそうは取ってくれないこともある。「男としては見ていない」ということを、適度に伝えておかないと、友達としてのラインを越えようとしてきちゃうでしょうね。

■3.「恋愛話」をよくしてくる

「恋愛話をよくされると、俺の恋愛観を探っているのかなとか考えちゃいます」(30歳/男性/イベント制作)

「恋愛に関する質問をたくさんされると、彼女になりたいアピールなのかと思ってしまうかも」(28歳/男性/メーカー)

女性と違い、男性は普段はそんなに恋愛話などはほとんどしません。なので、女性から恋愛話ばかりすると、変に勘違いをしてしまいやすいです。特に、「好きなタイプは?」とか「どんな女性に弱いの?」とか「どんなデートが好き?」など、質問を多くされると、自分に興味があるのかと男性は思ってしまいます。雑談のつもりで話していても、探りを入れているかのように思われてしまうかも。

■4.「ふたりきり」でいることに抵抗がない

「ふたりきりで食事に誘っても嫌がられないと、イケるかもとこっちは感じますね」(27歳/男性/IT)

「その気がない男とは、さすがにふたりきりにはならないと思うんですけどね…」(29歳/男性/商社)

「ふたりきり」というのは、やっぱり男性には特別なもの。なので、ふたりきりになるのを嫌がらなかったり、むしろ女性の方からふたりきりでの食事に誘ってきたりしたら、勘違いもしてしまうでしょう。恋愛感情がない男性から、ふたりきりでのお誘いが来たときにはっきりと断らないと、「イケるかも!」と男性は思ってしまいますよ。

■おわりに

男性に「勘違い」をさせてしまったら、その後に大変なことになってしまいかねません。好きでもない男性に誤解をさせるような行動を取ってしまうと、女性側としてもあまりいいことはないはずですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)