“元祖韓流帝王”アン・ジェウク、シンガポール雑誌の表紙を飾る

写真拡大

俳優アン・ジェウクがシンガポールの雑誌の表紙を飾り、元祖韓流スターの存在感を見せつけた。

アン・ジェウクが表紙モデルを務めた雑誌「U-weekly」は、シンガポールのSingapore Press Holdings(SPH) 国営メディアグループで毎週8万部が発行されている中国語雑誌。最近では俳優パク・ヘジン、イ・ヨンエとソン・スンホン、チ・ジニ、リュ・ジュンヨルなどをインタビューした人気芸能雑誌だ。

U-weeklyと共に“韓流帝王”というコンセプトで撮影された今回のブラビアは、優しくも情熱的なアン・ジェウクの姿と彼の話が盛り込まれている。撮影を通して特有の優しさを保ちながらもさらに深まった眼差しでグラビアの完成度を高めた。アン・ジェウクは俳優としてすごした時間の分だけ深くなった眼差しと余裕で現場のスタッフたちを感心させた。

続いて行われたインタビューでは、長い間共にしているファンに対する愛情、そして人生第2幕を開けた感想を伝えた。

「U-weekly」の関係者は「アン・ジェウクは90年代から今まで様々な作品を通じて認知度を高めてきた。休まず活動してきた彼がなぜ後輩たちのお手本にされているかが分かる楽しい撮影だった」と伝えた。

アン・ジェウクはミュージカル「英雄」のアン・ジュングン役にキャスティングされた。「英雄」は2017年1月18日、ソウル鐘路(チョンノ) 区光化門(クァンファムン) 世宗(セジョン) 文化会館大劇場で上演される予定だ。