錦織圭とコーチを務めるマイケル・チャン氏【写真:Getty Images】

写真拡大

トップ5から世界のベスト3へ、チャンコーチの「大胆な戦略」

 錦織圭(日清食品)は世界ランキング5位で2016年シーズンを締めくくった。リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得するなど成果を残したが、今季の戦い方からは、持ち前のリターン力を生かした粘りのスタイルからフルモデルチェンジに向けた取り組みが見えたとプロテニスプレイヤーの綿貫敬介(明治安田生命)は分析している。

「錦織さんの今年のテニスからはモデルチェンジへの取り組みが見て取れました。ネットプレーの頻度を高め、ショートポイントに重点を置いていた印象があります。テニスでショートポイントとは、サーブから早い段階でポイントを取りきることです。サーブアンドボレーやドロップショットなど、以前より引き出しが増えました。組み立てがワンパターンになることを避けるメリットがあります。今年に関してはそのモデルチェンジへのプロセスでミスが出て、噛み合わない展開もあったのかと思います。テニスでは1つプレーがかみ合わないと、試合の流れやリズムが狂うこともあります」

 錦織にとって2016年シーズンは進化の過程だったと綿貫は指摘。今季は、サーブアンドボレーやドロップショットなど素早い仕掛けでポイントを奪うシーンが多かったが、それは錦織の狙いだったようだ。従来の武器はリターン力だった。だが、トップ5から世界のベスト3を狙う段階で、モデルチェンジの必要性が出てきたという。

チャンコーチは「先を見ながら色々と取り組んでいる」!?

「錦織さんの数字で突出しているのはリターン力。ブレーク率、ブレークポイントウォン率ではトップ3に入っている。リターンゲームのメーキングはマレーがいるので一番とは言いませんが、傑出していることは間違いありません。ただ、毎試合5セットフルで戦い続けることは難しい。トップ5の高みまで登ってくる間は錦織さんの展開力、仕掛けのタイミングの速さが目立っていた。でも、このステージに立ってしまうと、他の選手も互角以上の展開力と仕掛けの速さを持っている。今までの長所を磨くのか、それとも大胆にモデルチェンジするのか分岐点ということではないでしょうか」

 錦織は今季もフルセットの死闘を制した次の試合でスタミナが切れ、失速するという試合があった。ショートポイントを増やし、体力の消耗を防ぐことが飛躍への一歩と見ているのかもしれない。

 錦織陣営では、1989年の全仏オープンで優勝し、世界ランク2位となったコーチのマイケル・チャン氏が存在感を発揮している。

 「マイケル・チャン・コーチは目の前の試合だけではなく、先を見ながら色々と取り組んでいるのかもしれません。グランドスラム優勝、ランキング1位になるのは現状維持では難しい。普通なら今のまま、少しストロークやサーブのクオリティを上げる、パワーを増やすという作業になるところですが、ここにきてより攻撃的にモデルチェンジ、シフトチェンジを狙っている。かなり大胆な戦略ではありますね。完成には時間がかかるかもしれないけれど、成功すれば爆発する可能性もあります。来季の錦織さんがどんなプレーを見せてくれるのか、楽しみですね」

 錦織は元日からオーストラリアで行われるブリスベン国際で来季のツアー幕開けを迎える。バージョンアップした姿を見せてくれるのだろうか。

◆綿貫敬介(わたぬき・けいすけ) 明治安田生命所属 世界ATPランキング1135位、ダブルス1024位(2016年6月時点)。埼玉県春日部市のグローバル・プロ・テニス・アカデミーの常任コーチを務めながら、世界ジュニアランキング2位の弟・陽介のツアーコーチも兼務。ジュニア時代には世界ランク5位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)ら実力者と対戦した経歴を持つ。

◆グローバル・プロ・テニスアカデミー 綿貫3兄弟を育て上げた父・弘次氏が校長を務める、世界を目指すタレントを育成するジュニア育成のアカデミーと一般のスクールを併設。レッスンは午前9時から午後9時まで。住所・埼玉県春日部市下蛭田2-1。電話番号048-755-5370。公式サイトは、http://www.global-sports-planning.com/