防弾少年団 V「第一印象が1番怖かった人は…パク・ソジュンさん」

写真拡大

防弾少年団のVがドラマ「花郎」で、第一印象が1番怖かった人としてパク・ソジュンを挙げた。

韓国で16日午後に放送されたKBS 2TV新月火ドラマ「花郎」のプレビュー放送では、俳優たちのコメンタリーが行われた。

この日コメンタリーのために別々に集まった「花郎」の6人の俳優たちは、和気藹々とした雰囲気の中でトークを始めた。まず防弾少年団のVは、第一印象が1番怖かった人は誰か、という質問にパク・ソジュンを挙げた。さらに「初めは怖かったが、本当はそうではなかった」と付け加え、仲睦まじいことをアピールした。

俳優たちは「パク・ソジュンさんにいっぱい奢ってもらった」と話し、感謝の気持ちを伝えた。俳優たちの間の友情が見えてきた。

これに対してパク・ソジュンは「自分が年下だったときいっぱい奢ってもらったので、自分より年下の子たちにはいっぱい奢るのが当然だと思って」と照れくさそうに話した。