チョコレート工場の大型ミキサータンクで事故死した女性(出典:http://www.express.co.uk)

写真拡大

ロシアのチョコレート工場で女性従業員が大型のミキサータンクに転落し、非常にむごたらしい死を遂げた。原因は携帯電話を落としてしまったことか、それとも原料投入の際のケアレスミスか。クリスマスを前に最愛の母親を失い、幼い2人子は悲しみにくれているという。

大変な書き入れ時という中、モスクワの北に位置するセルギエフ・ポサード地区のフェドルツォヴォという村から、ある菓子メーカーのチョコレート工場で従業員の悲惨な事故の話題が伝えられた。死亡したのはモスクワに暮らしていたスヴェトラーナ・ロズリーナさんという24歳の女性で、夫のウラジミールさんとの間に2人の幼い子がいたという。

「その現場を目撃したという従業員から得た情報は大きく分けて2つある」としている地元警察。ひとつは、スヴェトラーナさんが原料入りの袋を手にチョコレートを攪拌する大型ミキサータンクにその中身を投入する中で落ちてしまったというもの。そしてもうひとつは、携帯電話を落としたため拾い上げようとして慌てて身を乗り出し、自身も転落してしまったというものであるという。

ただし彼らは共通して「中をのぞき込むと、スヴェトラーナさんの体は細かく刻まれて脚だけが残った状態でした」と語っており、一緒に働いてきた仲間のむごたらしい死にショックを隠せないもよう。現在その事故の原因について警察の調査が進められている。

出典:http://www.express.co.uk
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)