アニメ「3月のライオン」の第10話より、先行カットとあらすじを紹介!!/(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

写真拡大

NHK総合で放送中のアニメ「3月のライオン」の第10話より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第10話では、零が12月24日に対局する安井学について「クリスマス後、離婚することが決まっている」と香子から聞かされ、零は幸田家で迎えた幼い日のクリスマスを思い出す/(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

本作は、孤高の高校生プロ棋士の主人公と、彼を取り巻く人々とが、失った何かを取り戻していく再生の物語。17歳のプロ将棋棋士・桐山零(CV.河西健吾)は、幼い頃に事故で家族を失い、引き取られた家にも学校にもなじめずにいた。だが、あかり(CV.茅野愛衣)、ひなた(CV.花澤香菜)、モモ(CV.久野美咲)の3姉妹との出会いをきっかけに、一人暮らしの零の日常が、変わり始めていく。

【第10話】

12月。忘れ物を取りにきた香子から、零が24日に対局する相手・安井学のことを聞かされる。負けると酒を飲み暴れてしまうという安井は、このクリスマスが終わると離婚することが決まっているという。家族で過ごす最後のクリスマスに、勝って帰るか、負けて帰るか…。零は、幸田家で迎えた幼い日のクリスマスを思いながら、安井との対局へ向かう。

なお、第10話はNHK総合で12月17日(土)夜11時より放送。年末年始には、総集編&2夜連続一挙放送が決定している。