スリザリンは嫌だ、スリザリンは嫌だ… - 画像はTwitterのスクリーンショット

写真拡大

 映画『ハリー・ポッター』シリーズに登場する「組み分け帽子」にそっくりな新種のクモがインド・カルナータカ州で発見された。

 発見者の一人であるインド人研究者ジャベド・アハメドさんは『ハリー・ポッター』の大ファンだったため、とんがった部分や色など「組み分け帽子」そっくりなこのクモを「Eriovixia gryffindori(エリオヴィクシア・グリフィンドリ)」と命名。ホグワーツ魔法学校入学時のクラス分けに使用される魔法の帽子「組み分け帽子」は、もともとはホグワーツ創始者の一人であるゴドリック・グリフィンドールの持ち物だったため、彼の名前にちなんで名づけられた。「Eriovixia」はトガリオニグモ属という分類を表している。

 アハメドさんはこのことをTwitterを通じて原作者のJ・K・ローリングに報告。ローリングは「本当に光栄だわ! 新たなファンタスティック・ビーストの発見、おめでとう!」と応じ、アハメドさんを喜ばせた。ちなみに「Eriovixia gryffindori」がこんな不思議な形をしているのは、枯葉に擬態して敵から身を隠すためだと考えられている。(編集部・市川遥)