1

By Phillip Jeffrey

老化を遅らせて若さを保ったり、さらには若さを「取り戻す」ことに対して人類はかなりの執念を燃やしています。過去の研究では若い血を取り入れると自然治癒力が上がることなどが確認されていましたが、実はその説明には誤りがあり、血液そのものには若返り効果がないことが確認されました。

No, teenage blood won't make you young and beautiful | Popular Science

http://www.popsci.com/nothing-special-about-young-peoples-blood-aging-parabiosis

近年の数々の研究により、若い血液は老化を防ぐ「万能薬」であるという考えが広まりを見せつつありますが、これに待ったをかける研究結果がカリフォルニア大学バークレー校の研究チームによって発表されました。この研究からは、若い個体の血液そのものにアンチエイジング効果が認められないばかりか、年老いた個体の血液には生き物の老化を進める物質が含まれていることも明らかにされています。

この研究では2通りの実験が行われ、血液が個体に与える影響が確認されています。1つは「若いマウスの血液を年老いたマウスに入れる」というもので、文字どおり「若返りが可能か」と言うことが確認されたのですが、結果は「効果なし」であることが判明。その逆の「年老いたマウスの血液を若いマウスに入れる」という実験を行ったところ、若いマウスの臓器やその他の器官に問題が生じたことがわかりました。ここから、老化を引き起こすのは古い血液に含まれる何らかの物質であり、若い血液から「老化防止物質」が失われることではないことが浮き彫りになってきました。研究に携わったイリーナ・コンボイ教授は「この結果からは、若い血液そのものが薬のような効果を持っているわけではないことがわかります」と語っています。



By Hy'Shqa

2005年、コンボイ教授らの研究チームは、2匹の年齢の違うマウスを「並体結合」と呼ばれる手法で血管をつなぎ、双方の血液が自由に行き来できる環境を作ることで血液が健康に与える実態を調査しました。その結果、年老いた個体の臓器に明らかな修復が見られたことから、血液を交換することで血行に対するよい影響があるものと考えられました。

そして、この結果が一人歩きすることになったとコンボイ教授は語ります。いわゆる「若返り効果」が若い血液にあるというメディアの報道が実態以上に加熱してしまい、実際の姿がよく理解されないという状況が生じました。コンボイ教授によると、年老いた個体が享受したのは若いマウスの血液だけではなく、若いマウスが持つ肺や肝臓、その他の器官がもたらすよい効果が含まれることが見落とされていたとのこと。



By Rene Schwietzke

そこでコンボイ教授は新たに、双方の個体の影響が及ばない状況を作ることで、純粋に血液そのものが持つ効果を測定する手法を取り入れることにしました。その手法を用いて、双方の血液が半分ずつ入れ替えられた状態にしたマウスを1か月間飼育したのち、幹細胞や脳細胞の成長や筋細胞の修復具合など、双方の体に見られる変化を詳細に調査しました。

すると、年老いた個体のマウスには特に顕著な変化は見られなかったのですが、若いマウスには健康状態の悪化が見られました。それぞれの器官の機能が低下し、特に脳細胞における悪影響が顕著に見られたとのこと。これはつまり、若い血液には若返り効果がなかったことがわかっただけでなく、逆に年老いた血液には若いマウスの健康状態を低下させる働きがあることが判明したことになります。コンボイ教授らは、年老いた個体の血液には、体細胞の成長を阻害する何らかの老化促進物質が含まれていると考えています。コンボイ教授はまた、これらの成長阻害物質は若い血液に含まれる物質を優越する力が備わっていることを指摘しています。



By Blue Celt

最新の研究からは、「若い血液は若返り薬」であることが否定されたばかりでなく、「年老いた血液には老化を促進する何らかの物質が含まれる」ということが浮き彫りになってきました。今後についてコンボイ教授は、薬物によって老化促進物質を制御することになると考えているとのこと。いわゆる成人病などを引き起こす物質の働きを弱めることで老化を遅らせることができる可能性が考えられるわけですが、その解明にはまだまだ長い道のりがあるとコンボイ教授は展望を語っています。

コンボイ教授らの研究チームによる論文は、Nature Communicationsのサイトで閲覧することができます。

A single heterochronic blood exchange reveals rapid inhibition of multiple tissues by old blood : Nature Communications

http://www.nature.com/articles/ncomms13363