焼きあんまん

写真拡大

この時期、コンビニのレジの横でほっかほかと蒸気で温められた姿が見た目にも温かい肉まん・あんまん。ちょっと小腹がすいたときやお土産代わりにも便利ですよね。

今回、そんなあんまんに、ちょっと不思議な噂を聞きつけました。それが、「あんまん」はバターで焼いた方がおいしい説。

いやいや、そもそもふかしているからこそあんまんなのであって、焼いたら揚げパンなのではないかという気もありますが、どうやらこれがおいしいとのこと。おもに、Twitterを中心に流行しているとのことで、大の甘味党としては早速試してみることに。

手始めに、作り方をおさらいしようと調べてみると、「(1)ほかほかのあんまんにバターを付けて食べる」「(2)フライパンでバターを熱してあんまんを軽く焼く」とある。そんなに凝ったことは必要がないみたい。両面、焼き色がつくまでバターでゆっくり焼くのがコツで、蒸しあがった温かい状態を両手の平で少しつぶし、平たくして焼く必要があるとのこと。なるほど。

いかほどのものかと、早速あんまんを購入して、フライパンにバターを投入。そしてそこにあんまんを入れると、ジュ〜といい音&いい香りが。当然といえば当然なのかもですが、焼いている時の香りはパンに近しく、遠くにあんのニオイがするような、なんとも甘い雰囲気。

●焼きあんまんはバターの塩気とあんの甘さのバランスが妙!食感も◎

気になるお味ですが…、たしかに! あんまんというと、皮がブワブワしていてちょっと退屈な印象も否めなかったけど、皮の食感がサクッと心地よく、なんだか普通のあんまんよりも食べやすい。バターが入ったことによって、かなりスイーツ寄りになっているから、コーヒーや紅茶にもあいそう。バターの塩気が、甘さを引き立てて、味のバランスが良くなっているのかも。

ただ、バターを使った分、カロリーはググンと増加。ぐぬぬ…、こればかりは仕方なしか。いつものあんまんにちょっと飽きたら、バター焼きあんまん、あなたも試してみてね。

(文・団子坂ゆみ/考務店)