「闇芝居」第4期が17年1月スタート (C)「闇芝居」製作委員会 2017

写真拡大

 人気テレビアニメ「闇芝居」の第4期の放送が、2017年1月からスタートすることがわかった。

 同作は、昭和風の町並みを舞台に、身の回りで起こる都市伝説的な物語を描くショートホラー作品で、13年の夏に第1期、14年夏に第2期、16年1月には第3期が放送されている。

 第4期では、ストーリーテラーである紙芝居屋のおじさん役に、13人のキャストを起用し、毎回異なる語りによって、さまざまな恐怖を視聴者に届けるという試みが盛り込まれる。シリーズ開始当初から同役を演じている津田寛治に加え、寺田農、渡辺哲、小倉久寛らベテラン勢や、松尾諭、宮崎吐夢、増本庄一郎、竹井亮介ら演技派俳優、ひのあらた、龍坐、山崎直樹といった舞台俳優のほか、能楽師の野村昌司、世界的パントマイマーのあらい汎など、バラエティ豊かな顔ぶれの出演が決定。また、おじさん役以外にも、村井良大、茉莉邑薫、春名風花、石賀和輝、岸野聡子といった、多方面で活躍するキャストが出演する予定だ。

 制作に携わるスタッフも発表された。作画を「ゴジラ」シリーズのデザインなどで知られる西川伸司、工藤稜、三俣亜由喜が担当。演出を兼子昌也、脚本を熊本浩武が手がける。なお、エンディング主題歌は、シンガーソングライターの焚吐が歌う「夢負い人」に決定した。