経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、日露首脳会談で来日したプーチン大統領に注目。

 * * *
 アメリカの経済紙『フォーブス』が発表した「世界で最も影響力のある人物」ランキングで、4年連続1位に輝いたロシアのプーチン大統領が来日した。選ばれた理由が「国内だけでなく、シリアやアメリカ大統領選に対し、影響力を持ち、欲しいものをなんでも手にできる」というのだが、果たして今回、プーチン大統領は欲しいものを手にしたのだろうか?

 ロシア国民の支持率は80%以上と絶大な人気を得ているプーチン大統領は、世界最強・最恐の大統領としてカレンダーの売り上げも上々。なぜか日本でも、厚い胸板とキリッとした姿がタフ&ワイルドでかっこいいと予想外の売り上げだという。

 カレンダーでは、いつもの鋭い視線だけでなく、犬や猫と戯れ微笑む顔が見られる。しかし犬好きの反面、愛犬を外交交渉の小道具に使ったのでは?ともいわれる。さかのぼること2007年、ドイツのメルケル首相との会談の時のことだ。

 犬が苦手なメルケル首相の前に、大統領は黒いラブラドール犬を連れて登場。会談の最中、メルケル首相は近寄る犬を避けようと、終始、膝をぴたりとつけて足首を固く組んで椅子の下に引き込むと、不安気で落ち着かない表情を見せていた。それを見ていたプーチン大統領の顔には、なんともいえない不敵な笑いが浮かんでいた。

 メルケル首相が犬が苦手とは知らず、怖がらせる意図はなかったと後に否定しているが、プーチン大統領の経歴を考えればそんなことがあるはずもない。KGBで様々な諜報活動を行ってきたという経歴は、よく知られたところだ。

 相手よりいかに心理的優位に立って交渉を有利に進めるか、大統領はその道のプロだ。遅刻魔としても知られているが、これは相手を待たせて心理的圧力を感じさせ、自らが格上だと印象づけるための手段という見方が強い。

 今回の首脳会談、やっぱり安倍首相は3時間近く待たされた。だがこれまで、遅刻した相手と遅刻した時間を見てみると、そこには相手国との間に抱える問題の大きさや、会談相手との心理的距離や信頼関係の度合いが関係していると捉えることもできるだろう。

 ウクライナのティモシェンコ首相の時は3時間、ローマ法王フランシスコは13年に50分、15年に1時間、エリザベス女王は14分、アメリカのケリー国務長官は3時間、インドのモディ首相は1時間、ドイツのメルケル首相は4時間15分、岸田外務大臣は1時間50分。しかし中国首脳や財界要人、ロシア軍や治安機関関係者らとの会談には遅刻しないというのだ。

「中国とは強い信頼関係にある。日本とはその水準に達していない」と、来日直前、クレムリンで行われた日本の報道機関のインタビューに答えている。信頼関係や親密さによって計られる優先順位が、遅刻の一番の理由かもしれない。

 嘘は言わないが本音も見せず、本心を掴むのは至難のワザといわれるプーチン大統領だが、本音がちらりと見えたかも?と思う仕草をすることもある。

 それは足先だ。各国首脳と比較すると、プーチン大統領は足先やつま先をよく動かす。人は自分がどんな表情をしているかは意識できるが、足先がどう動いているかは気がつかないものだ。動物行動学者のデズモンド・モリスは『ボディ・ウォッチング』で「足は身体のどの部分より正直に、考えていることと感じていることをそのまま伝える」と書いている。

 ペルーの首都リマで行われたAPECで、フィリピンのドゥテルテ大統領と初めて対面した時のプーチン大統領の足に注目しよう。ドゥテルテ大統領にとって、プーチン大統領は「英雄」と慕う相手。そんなドゥテルテ大統領に持ちあげられ、プーチン大統領は気分がよかったに違いない。

 なぜなら、背もたれにもたれて、前に投げ出した足を交差させていたからだ。この姿勢だと、不測の事態が突然起きてもとっさに対応することができない。そのため、自分に自信があるだけでなく、その場を快適に感じ、一緒にいる人に心地よさを感じていなければ、この仕草をすることはない。

 それとは逆の仕草が頻繁に見られたのは、日本との対談の場面。メディアで流される映像を見る限り、ソチやリマでの安倍首相との会談だけでなく、日本の報道機関によるインタビューでも見られた。それは、つま先を何度か持ち上げたり、足や足先をパタパタと外側に向けて頻繁に動かすという仕草だ。

 特に北方領土問題に触れると、プーチン大統領のつま先は大きく持ち上がった。心にひっかかっているテーマ、ストレスの種になる話の時ほど、大統領のつま先は大きく持ち上がる。まるでつま先がストレスのバロメーターのようだ。

 パタパタと足踏みするような仕草は、一見するとイライラや不快感を表すと思われがちな仕草だが、同じような話題の時に外側に向けて頻繁に繰り返されたなら、これは移動したいという無意識を表す「ミニチュア動作」と考えられる。この場から早く去りたい、この話題を早く終えたいという軽い拒否の気持ちが、心の内にあるのだろう。

 今回の首脳会談でも、冒頭から軽く足首を持ち上げていた。インタビューで「日本との間に、領土問題はない」といった通り、日本側が考える4島返還の枠組みには、最初から応じるつもりがないことを、つま先も示していたことになる。

 会談冒頭や話の合間に、大統領は足首を軽く回していることがある。これは心身の緊張をほぐすためだけでなく、ここはひとつ揉んでやるか、という戦闘態勢前のストレッチを兼ねた仕草だと考えられる。

 プーチン大統領はこの時、相手から遠い方の足の足首を回すことが多い。相手が右側に座っていれば左足首を回し、相手が左側にいれば右足首を回す。その方が座っている相手の視覚に入りやすく、足首のかき回し弾くような仕草が目に入ることで、無意識のうちに心理的圧力を感じることになる。大統領のことだ。無意識だけでなく、意識的にやっていることもあるかもしれない。

 北方領土での「特別な制度」による共同経済活動の交渉が合意され、協議はここからスタートするという。さて、プーチン大統領が日本側との会談で遅刻しない日は、いつになるのだろうか?