これぞイケメン対応! - 福士蒼汰&小松菜奈

写真拡大

 福士蒼汰と小松菜奈が17日、都内で行われた映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』初日舞台あいさつに登壇した。メガホンを取った三木孝浩監督から感謝の手紙が読み上げられると、小松は「しゃべれません」と号泣。福士は、そんな小松にハンカチを差し出すイケメン対応で観客の黄色い歓声を浴びた。この日は共演の東出昌大、山田裕貴も来場した。

 人気小説を映画化した本作は、風光明媚な京都を舞台に、切ない運命を背負ったカップルが織りなすファンタジックラブストーリー。美大生の南山高寿を福士が、彼が一目ぼれする謎めいたヒロイン福寿愛美を小松が演じる。

 福士と小松にサプライズで用意した手紙で、福士が本来のかっこよさを封印し、ダサかわいい高寿を演じ切ったことを絶賛した上、緊張する小松をリードしていたことや、海外でも活躍できるモチベーションの高さと力を持っていると感じたことなどを伝えた三木監督。福士は「いやぁ、うれしいですね。(普段)監督の気持ちを聞けることはないので……」と照れ笑いすると、小松との初共演を喜び、毎回イベントで盛り上げ役に徹してくれる東出や山田についても「助かってんなぁと感じます」と心情を告白した。

 一方の小松は、三木監督から「クランクイン前にマネージャーから『小松が役づくりについて悩んでいる』と聞いた」と明かされ、「それでも現場では悩みを感じさせることなく、愛美として明るくひたむきに生きていた」と称賛されると、感極まって涙。その後も「ファンタジーという絵空事に体温が感じられたのは、菜奈ちゃんが心を削って愛美に命を吹き込んでくれたから。高寿が福士くんで、菜奈ちゃんが愛美で本当によかった。ありがとう」とねぎらいの言葉をかけられると、小松は福士が差し出したハンカチで何度も涙をぬぐった。

 そして、「ズルいですこのBGMとか……」とかわいい涙の言い訳をしながら「しゃべれません」と吐露。止まらない涙が、本作にかけた小松の思いを物語っていた。(取材:錦怜那)

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は公開中