ハ・ジウォン「チェン・ボーリンとの熱愛説、笑って過ごした…気まずくならなかった」

写真拡大

女優ハ・ジウォンがチェン・ボーリン(陳柏霖)との熱愛説について言及した。

ソウル鐘路(チョンノ)区三清洞(サムチョンドン)のコーヒーショップで女優ハ・ジウォンのラウンドインタビューが行われた。

この日ハ・ジウォンは「チェン・ボーリンと英語と韓国語でコミュニケーションした」と明かし、「言葉を学ぶことに意欲的だった。韓国語を教えて欲しいとも言われた」と切り出した。

続いて「ある日、“ごま油とてもおいしい”という韓国語を覚えてきた。私は“ありえない”という言葉を教えた。よく使っていた」と説明した。

ハ・ジウォンは「チェン・ボーリンとの熱愛説のせいで、気まずくなったりはしなかった。私は元々明るい。スキャンダルの記事を見て、笑って過ごした。好きなコードが似ている」と付け加えた。

ハ・ジウォンは映画「命がけの恋愛」に出演し、チョン・ジョンミョン、チェン・ボーリンと共演した。韓国で14日より公開されている。