24K、ブラジル公演中にファンが集団失神

写真拡大

グループ24Kの人気がこんなに熱かったなんて。ブラジル公演中、ファンが集団失神する事態が起きた。

17日、24K側によると今月12日、ブラジル・サンパウロで「24K World Tour in Brasil」が開催された。現場の熱気が盛り上がっている中、公演途中にファン約20人が失神し、救急室に搬送されたのだ。そのため、公演が一時中断された。

所属事務所の関係者は「公演開始15分でファン1人が失神した。連続でファンが呼吸困難とめまいを訴え、意識を失って倒れた。待機していた医療陣によって病院に搬送される緊迫な状況が起きた」と説明した。

今回のブラジル公演にはアルゼンチン、ボリビア、パラグアイなどから約3千人の観客が訪れた。30℃を超える暑い天気と急なスコールにも、ファンで長蛇の列を作ったと所属事務所が説明した。

今年ポーランド、マレーシア、ブラジル公演を終えた24Kは、来年の頭にイギリス、イタリア、フランス、ドイツ、フィンランド、ポーランド、ルーマニア、ポルトガルなどでツアーを続けていく。