『主任警部アラン・バンクス5 最終章』

写真拡大

人気推理作家ピーター・ロビンソンによる「余波」などの小説シリーズを原作とし、英国郊外の警察で働く主任警部バンクスとそのチームが凶悪事件に挑む犯罪サスペンスドラマ『主任警部アラン・バンクス』。全英ITVネットワークで2010年に始まってロングランを続けたが、2016年8月から10月に本国で放送され、惜しくも番組の最終シーズンとなった第5シーズンが、2017年1月22日(日)よりWOWOWで日本初放送となる。

ヨークシャー警察犯罪捜査部で働き、時に事件の被害者を思いやるあまり暴走することもあるが、人間味豊かで部下からの信頼も厚い主任警部バンクス(スティーヴン・トンプキンソン)。この最終シーズンも前シーズンに続いて全話、原作がないオリジナルストーリーとなる。前シーズン、バンクスは同僚アニー(アンドレア・ロウ)への愛に気付いたが、彼女の薬指には指輪が...。新シーズン、バンクスとアニーを待つ意外な運命がクライマックスを盛り上げる。

『主任警部アラン・バンクス5 最終章』(全6話)は、2017年1月22日(日)13:00よりWOWOWプライムにて放送スタート(第1話無料放送)。また、新シーズンの放送に先駆けて、前シーズン『主任警部アラン・バンクス4』(全6話)が 2017年1月17日(火)18日(水)にWOWOWプライムにて一挙放送される。(海外ドラマNAVI)