新作映画で、カッコいいジョニーが戻ってくる!?/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

新作『Labyrinth(原題)』のロケ地で撮影されたジョニー・デップの写真が公開され、すっかりハンサムな昔の彼に戻っているとファンを歓喜させている。

【写真を見る】1993年、20代だったイケメンすぎるジョニー・デップ!/写真:SPLASH/アフロ

アンバー・ハードと結婚していたころは、急に老けて太ったとか、アルコール依存症のように見えるなどと指摘され、劣化が叫ばれていたジョニーだが、離婚成立でふっ切れたのか、すっきりした顔と体型に戻って仕事に集中しているようだ。

犯罪スリラー映画『Labyrinth』で、ジョニーは、実在したロサンゼルス市警のラッセル・プール刑事役を演じている。英紙デイリー・メールのサイトが掲載した写真のなかでジョニーは、スーツ姿でネクタイを締め、髪はオールバックにしており、読者から絶賛の声が寄せられた。

「私の考えすぎかしら。ジョニーもブラッドも離婚してカッコよくなったような」「私たちが知っているゴージャスでイケメンなジョニーが戻ってきた!」「イエス!これこそ私が20年前に恋に落ちたジョニーよ」「ヴァネッサを捨ててアンバーにいったときにファンをやめたけど、彼は中年の危機から脱出し、正気に戻ったようね」などのコメントが並んでいる。

同作は実話に基づいており、ギャングの抗争で殺された2人のラッパー、2パックとノトーリアス・B.I.G.の殺害事件を描いており、ジョニーはその調査にあたる刑事を演じる。【UK在住/MIKAKO】