ヘンリー王子との交際発覚で、一気に知名度があがったメーガン・マークル/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

今年、ヘンリー王子に女優の恋人ができたことで大きなニュースになったが、おかげでメーガン・マークルが最もググられた女優リストで1位になった。

【写真を見る】ビヨンセがスーパーボウルで圧巻のパフォーマンスを披露!/写真:SPLASH/アフロ

Entertainment Weeklyによれば、メーガンは、今年もっともグーグル検索された女優リストの1位だったという。一方、男優部門の1位は、アンジェリーナ・ジョリーとの電撃破局が世界中を驚かせたブラッド・ピット。しかし、興味深いことに元妻アンジェリーナはトップ10にも入っていない。

一方、アーティスト部門で最もグーグル検索されたのはビヨンセ。彼女が今年スーパーボウルのハーフタイムショーで圧巻のパフォーマンスを繰り広げた楽曲「フォーメーション」が、今年最も検索された曲名になっている。さらに最も検索されたファッションデザイナーは、レイチェル・ロイ。ビヨンセの夫ジェイ・Zの不倫相手と噂され、ビヨンセが自分の曲のなかで「キレイな髪のベッキー」と歌った人物だと騒がれたためだ。

精神錯乱で緊急入院して大きなニュースになったカニエ・ウェストは2つの部門でトップ10入りを果たしており、デザイナー部門で10位、アーティスト部門で8位になっている。一方、カニエの妻キム・カーダシアンは、10月にパリで強盗に襲われて以来、自分の写真を頻繁にインスタグラムに投稿することをやめていたが、それでもセルフィー部門で最も検索されたセレブになっている。

人物部門は、1位にドナルド・トランプ、2位にヒラリー・クリントンがランクイン。リオ・オリンピックで活躍したマイケル・フェルプス、ライアン・ロクテ、シモーネ・バイルズ、ウサイン・ボルトもトップ10入りした。【UK在住/MIKAKO】