今年急激に人気を高めたモデルのベラ・ハディッド/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

姉ジジ・ハディッドと同様に激ヤセが伝えられているベラ・ハディッドが食事に関する発言で、炎上する騒ぎになっている。

【写真を見る】ベラ・ハディッドがヴィクトリアズ・シークレットのショーに出演し、下着姿を披露!/写真:SPLASH/アフロ

ライム病を患っていると言われているベラが、エミリー・ラタコウスキーと共にバハマでバカンスを楽しんでいる様子や、ビーチでポーズをとっているビキニ姿をインスタグラムに投稿。ヴィクトリアズ・シークレットのランウェイでも十分痩せていたが、更なる激ヤセぶりに、心配の声があがっていた。

デイリー・メール紙に掲載されている写真を見ると、ウエストなどは折れそうなほどの細さで、ランウェイの時よりも更に痩せたような感じだ。しかしベラは、「私の毎日の食事」というキャプションつきで、フライドポテトとチーズを挟んだトーストの写真をポスティング。

まるで「夜にカロリーの高いものを食べないようにすれば、お昼に高カロリーのフライドポテトやグリルしたチーズを毎日食べても、このボディは簡単に保てるわよ」とでも言っているかのようで、ネットユーザーたちからは、「なんだか痩せすぎてみすぼらしい」

「食べてるって言っても、写真通り、一口食べてほとんど残してるんじゃないの?」「ジジと同じ。なにもしてないわけないじゃない」「大嘘つき」「どれだけエクササイズしてるのかしら」「病気なら仕方ないけど、ここまで痩せると病的」といった非難の声が寄せられている。

ジジは川崎病を告白し、「ショーのために痩せたわけではないの。むしろ、痩せたくなかった」と発言して炎上したばかり。注目度の高さゆえもあるが、どうやら炎上姉妹になってしまったようだ。【NY在住/JUNKO】