制服にハグ! (C)三次マキ/講談社
(C)2016「PとJK」製作委員会

写真拡大

 亀梨和也と土屋太鳳が夫婦役で共演する「PとJK」の劇中カットが公開された。ヒロインの女子高生・カコを演じる土屋が、亀梨扮する警察官・功太の制服を抱きしめ、満面の笑みを見せる原作ファンに人気の胸キュンシーンが切り取られている。

 2013年から「別冊フレンド」(講談社刊)で連載されている三次マキ氏の同名人気コミックを、「ストロボ・エッジ」「オオカミ少女と黒王子」などの廣木隆一監督のメガホンで実写化。警察官と女子高生は気軽に付き合えないという思いから、結婚することを選んだ功太と恋愛初心者のカコが織り成す、“秘密の年の差結婚生活”を描く。

 映画公式サイト(ptojk.jp)では、予告編と新ポスタービジュアルもお披露目された。予告編には、ブルーノ・マーズによる劇中歌「マリー・ユー」にのせて、幸せな日々を送る2人の様子が収められている。このほど場面写真としても公開された、カコが功太の制服を愛おしそうに抱きしめ、功太が「中身がないのに抱き付いても仕方ないだろ」と声を掛けるシーンや、思いがすれ違う2人の切ない表情も描かれ、一筋縄ではいかない結婚生活を予感させる内容となっている。

 「PとJK」は、高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾、大政絢、村上淳、ともさかりえ、田口トモロヲらが共演する。2017年3月25日から全国で公開。