中国科学院微生物研究所はこのほど、同研究所の厳景華研究員と高福院士が率いるチームが、高効率で特異なジカウイルスモノクローナル抗体を2株発見したと発表した。写真は蚊。

写真拡大

中国科学院微生物研究所はこのほど、同研究所の厳景華研究員と高福院士が率いるチームが、ジカウイルスの感染者の体内から、高効率で特異なジカウイルスモノクローナル抗体を2株発見したと発表した。同抗体はジカウイルス感染治療における候補薬物となる可能性がある。人民日報海外版が伝えた。

この成果は専門誌「Science Translational Medicine」の最新号のトップ記事で伝えられた。デング熱ウイルスはジカウイルスと同じくフラビウイルス科で、互いに高い関連性を持つと言われる。研究によると、ヒト由来の抗体はジカウイルスとデング熱ウイルスを同時に識別し、副作用を起こしうるが、中国の科学研究チームが単細胞シーケンス技術により選び出したヒト由来の抗体2株は、特異性によりジカウイルスの感染を遮断し、デング熱などフラビウイルス科に対して交差反応を起こさない。動物実験によると、同抗体によりラットのジカウイルス感染を完全に防ぐことができるということだ。(提供/人民網日本語版・編集YF)