「期待6割&不安4割」とコメント

写真拡大

 女優の清水富美加が、人気ミステリー作家・舞城王太郎氏とスタジオカラーの庵野秀明がタッグを組んだテレビアニメ「龍の歯医者」で、声優初挑戦&アニメ初主演を飾ることがわかった。清水は「ドラマや映画などとまったく違う、どんな演技ができるのか、『期待6割&不安4割』というところですが、へこたれずに臨みたいです」と意気込んでいる。

 カラーとドワンゴによる短編映像企画「日本アニメ(ーター)見本市」の第1話として公開された作品を、45分×2本で長編アニメーション化。カラーが初めてテレビアニメ制作に乗り出し、巨大な龍が生息する世界を舞台に、龍を虫歯菌から守る新米歯医者・岸井野ノ子と、龍の歯の中から生き返った少年ベルが、激しい戦いに身を投じるさまを描く。

 実写映画「暗黒女子」「東京喰種 トーキョーグール」など話題作に出演する清水が、主人公・野ノ子に声を吹き込む。「15歳の女の子らしい純粋さやひたむきさと、大人顔負けの達観したところを併せもつ魅力的なキャラクターです」と説明し、「ファンタジーとメッセージ性のあふれる『龍の歯医者』の世界を、幅ひろい世代のみなさんに楽しんでいただけるよう、一生懸命演じたいと思います」とコメントを寄せている。

 テレビアニメ「龍の歯医者」は、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの鶴巻和哉が監督、舞城氏と榎戸洋司氏が共同脚本、庵野が制作統括および音響監督を務める。さらに岡本信彦、山寺宏一、林原めぐみらが声優として参加する。NHK BSプレミアムで、2017年2月18、25日に放送。