選ばれし職人が組み立てを行なう雫石高級時計工房

写真拡大 (全3枚)

 ガラス張りの明るい部屋の中で、白い防塵服と防塵帽を身につけた二十数人が、顕微鏡やルーペを覗いたりモニターをチェックしたりしながら、小さな工具片手に作業に集中している。

 一人ひとりに与えられたスペースは広く、漆塗り、欅製の作業机は大きく、重厚感がある。12世紀に起源を持つ地元岩手の伝統家具の岩谷堂箪笥の机は、作業者一人ひとりの体型に合わせて作った特注品で、作業者のネームプレートがつけられている。

 工場と言うよりは、先端分野の研究室。それでいて手作り、手作業の温もりも感じさせる──それが雫石高級時計工房である。

 セイコーグループの腕時計の生産拠点である盛岡セイコー工業(岩手・雫石町)。部品の製造から製品の組立までを自社で行なう、「マニュファクチュール」と呼ばれる世界でも珍しい存在だ。

 セイコーが世界に誇る高級腕時計グランドセイコー(以下GS)には、ゼンマイで動く機械式、水晶振動子を使ったクオーツ式、その2つをミックスした独自の「スプリングドライブ」という3つのタイプがあるが、最も職人の熟練技能がモノをいう調整作業が必要な機械式を作るのが、ここ雫石だ。

 セイコーの機械式腕時計は、1960年代には時計の精度を競う国際コンクールで上位を独占したほど、世界的に見てもレベルが高い。雫石高級時計工房は2004年、その完成品組立までを行なう工房として工場の一角に誕生した。時計職人の精鋭中の精鋭が集まる場だ。

 GSの中で最も大きいモデルでも、ケースなどを除いたムーブメント部分の径は3cm弱、厚さは6.5mm。その小さな空間に実に二百数十の部品が集積されている。

 工房の熟練職人がそれらの部品の組立、調整、針やケースなど外装の取り付け、バンド付けなどの工程を分担する。なかでも最も重要なのがヒゲゼンマイの調整だ。ヒゲゼンマイとは、腕時計の中で往復回転運動をするテンプ(振り子時計における振り子に相当)に付けられた渦巻き状の部品のこと。

◆「神の手」の孫弟子が語る時計づくり

「テンプの往復回転運動に従ってヒゲゼンマイの渦が膨らみと縮みを繰り返すのですが、その動きに歪みがあると、時計の精度が落ちます。つまり、ヒゲゼンマイは時計の精度を決める心臓部なのです」

 そう説明するのは伊藤勉氏(44)。「神の手」と呼ばれた伝説的職人の孫弟子にあたり、今、GSの組立調整師(時計職人のひとつの名称)のリーダーを務める。

 テンプを指で回転させ、ルーペで拡大して見たヒゲゼンマイの動きをチェックし、歪みがあれば工具で調整する──こう書くと単純な作業に思えるが、そこには才能と経験に基づく高度な技能が要求される。特殊合金でできたヒゲゼンマイの厚みはわずか0.03mm、渦の隙間の幅は0.1mm。

「髪の毛のように狭い隙間(注・髪の毛の径は平均0.08mm)にピンセットの先端を差し込み、紙のように薄いヒゲゼンマイの、歪みの原因となっている箇所をつまみ、微妙な力加減で曲げ伸ばしを行なって調整します。

 力加減は指先の感覚に頼っているので数値化できません。機械でもどういう歪みがあるのかはわかりますが、どこをどのような力加減で、どの程度曲げ伸ばしをしたらいいのか。その総合的な判断と実際の作業は人間にしかできません」(伊藤氏)

 極めて微細な部品なので、規定の範囲内の個体差でも精度に影響する。GSに要求される精度の基準(日差マイナス3秒、プラス5秒以内など。国際規格より厳しい)をクリアするためには、最終の調整に人の手が必要になる。

 調整にかかる時間は平均2〜3分。歪みが複雑だと稀に10〜15分近くかかる。“ここぞ”という作業のときには息を止める。呼吸によって起こる体の微かな揺れが指先に伝わり、その動きに狂いを生じさせかねないからだ。

 GSの二百数十の部品のうち、最小はヒゲゼンマイの外側の端を固定する「ヒゲ持ちネジ」で、頭の径が0.5mm、総丈0.7mm、重さは0.0005g。傍目には金属の粒のようで、鼻息で飛んでしまう小ささ、軽さである。時計師が相手にするのはそんな世界なのだ。だから、工房に入るには防塵服と防塵帽が必須で、エアシャワーを浴びなければならない。

◆決して機械任せにはしない

 微細な部品を扱う工具も必然的に微細な作りになり、特殊なものは工場内の部品製造部門で製造する。外部メーカーに依頼しても「そんな細かなものは作れない」と断わられてしまうからだ。残念ながら、そこが時計王国スイスとの違いだ。しかし裏返せば、微妙な調整を施したカスタムメイドを作れるメリットもある。

 だが、工房の時計師たちは渡されたものをそのまま使うわけではない。

「ヒゲゼンマイの調整に使うピンセットなどは、自分のやり方に合った形状にするために先端部分を削り、使いやすい硬度にするために焼き入れ、焼き戻しを行ないます。他人の工具では作業できません」(前出・伊藤氏)

 一方、部品の製造も決して機械任せではない。金属の棒や板から部品を作り出す「自動旋盤」では、部品ごとに異なる加工寸法を見極め、刃具や機械を調整する熟練の目と技術が必要だ。

 ムーブメントの土台となる板に機械で正確に窪みや穴を開ける「地板・受け製造」では機械を自在に操る技術が、「熱処理」では炉内の“雰囲気”を察知する繊細な感覚が求められる。「めっき」「模様付け」でも同様だ。そのため、それぞれの機械の前に担当の熟練工が張り付き、目を光らせている。その光景は意外に町工場的である。

「人間の手でここまでのモノが作れるのだということを知ってもらえると嬉しいです。常に100%を目指してはいても、なかなか実現しません。でも、いつまでも辿り着けないという困難さが、逆に時計作りの魅力でもあります」

 そう話すのは、鈴木宏臣氏(29)。時計職人を養成する専門学校を卒業してこの世界に飛び込んだ若手の有望株である。

 高級機械式腕時計には、熟練の職人の手作りの温もりとハートの熱さが込められている。その小さな宇宙の何と人間的であることか。

●取材・文/鈴木洋史 撮影/佐藤敏和

※週刊ポスト2016年12月23日号