16日、新京報はロシアのプーチン大統領訪日について「安倍首相はなぜ欧米の不快感を気にしなかったのか」と題する記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2016年12月16日、新京報はロシアのプーチン大統領訪日について「安倍首相はなぜ欧米の不快感を気にしなかったのか」と題する記事を掲載した。

日露両国は関係改善に向け、それぞれカードを握っていた。ロシアが持つ最強のカードは北方四島だ。日本が持つのは極東地域におけるロシアの経済活動を支援する姿勢。経済的に孤立するロシアを助ける力だ。国際関係の世界ではロシアが「ハードパワー」、日本が「ソフトパワー」を持っているといえる。プーチン氏は「ハード」で安倍氏は「ソフト」。当人の個性ではなく、背後の情勢が決めたものだ。

プーチン氏は国際政治のベテランだ。カードの切り方を熟知している。過去2年でたびたび「北方四島について話してもいい」と繰り返してきたが、鍵になるのは「領土問題は存在しない」との認識だ。ロシアは国内の民意を理由に、領土問題の存在をかたくなに認めようとしない。専門家は「プーチン氏は安倍氏に比べて戦い方を熟知している」と分析している。(翻訳・編集/大宮)