福島第一原発で事故対応後に甲状腺がん 東京電力の社員に労災認定

ざっくり言うと

  • 原発事故の対応にあたり、甲状腺がんを発症した東電社員が労災認定された
  • 原発での作業に関わり、甲状腺がんを発症した人が労災だと認められたのは初
  • 男性は原発での緊急作業にあたり、139ミリシーベルトの被ばくをしていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング