玄田哲章が喪黒福造役に挑戦! (C)藤子スタジオ/
笑ゥせぇるすまんNEW製作委員会

写真拡大

 藤子不二雄A氏の人気漫画を28年ぶりにアニメ化した「笑ゥせぇるすまんNEW」が、2017年春から放送されることが決定した。あわせて、声優の玄田哲章が「ドーン!」という呪文や「ホーッホッホッホッ」の特徴的な笑い声でお馴染みの主人公・喪黒福造役を演じることがわかった。

 原作は、68年に「ビッグコミック」(小学館刊)の読み切り作品「黒イせぇるすまん」として登場。89年には、TBS系で放送された番組「ギミア・ぶれいく」のコーナー内で「笑ゥせぇるすまん」に改題されてTVアニメ化し、伊藤四朗主演のTVドラマが99年に放送された。本作は、16年7月から立ち上がったアニメ枠「あにめのめ」第3弾作品として製作され、オリジナル脚本も交えた1話完結型のオムニバス形式で描かれる。欲深い人間を破滅させてしまう謎のセールスマン・喪黒が、悩みやコンプレックスを抱える者たちの“ココロのスキマ”を埋めていく。

 89年版のアニメで喪黒役を務めていたのは、故大平透さん。生前「後任は玄田さんに」と指名を受けていた玄田は、「まさか私が大平先輩のあの役を引き継ぐことになるとは……」と恐縮しきり。「なにしろ有名なキャラクターですのでイメージを壊さぬように、けれど私なりの味付けで楽しんでいただければと思います」と意欲的な姿勢を見せている。

 「『笑ゥせぇるすまん』は私の初めてのブラック・ユーモア作品です。主人公の喪黒福造のキャラができた時『やった〜!』と思いました」と振り返る藤子氏は「私はすっかりトシをとってしまいましたが、不老不死の喪黒氏はますます元気です。さあ、彼が今回はどんな活躍をするか!?」とアピール。メガホンをとることになった小倉宏文監督は「スタッフ一同、超人気原作を請け負ったプレッシャーに毎朝毎晩ひざをガクガクさせながら頑張っております」と入魂のコメントを寄せている。

 「笑ゥせぇるすまんNEW」は17年春、TOKYO MX、読売テレビ、BS11、アニマックスで放送開始。